1. TOP
  2. 年会費無料の海外旅行保険付きクレジットカードは現在19枚。おすすめはコレ!!

年会費無料の海外旅行保険付きクレジットカードは現在19枚。おすすめはコレ!!

i-love-muryou

年会費無料の海外旅行保険付きクレジットカード、おすすめ3枚(自動付帯編)

保険付帯カードの条件付きと条件なし
3ヶ月以内の海外旅行なら自動付帯が絶対便利!!

カード付帯保険が有効になる条件には、①自動付帯と、②利用付帯、と2つあり、短期の旅行なら選んでおいて無難なのが、「保険が自動付帯」のカード。自動付帯カードを持っていれば、何の手続きもなしに、海外へ行けば海外旅行保険が有効になります。しかも、カードを持っている限り、何度海外へ行っても、自動的に保険は有効になります。

  rank1_a
エポスカード
エポスカード
rank2_a
orico-ib-164-105
オリコiB
rank3_a
ジャックス横浜インビテーションカード
横浜カード
年会費 無料 年1回利用で無料 無料
国際ブランド VISA VISA/JCB VISA/JCB
保険付帯条件 自動付帯 自動付帯 自動付帯





傷害死亡/後遺傷害 500万円 2000万円 2000万円
★重要★
傷害・疾病治療費
傷害200万円
疾病270万円
傷害200万円
疾病200万円
傷害200万円
疾病200万円
賠償責任 2000万円 2000万円 2000万円
携行品損害 20万円 20万円 20万円
救援者費用 100万円 200万円 200万円
キャッシュレス診療 ×
ポイント 文句なし1位。傷害死亡が低いのは全く問題なし キャッシュレス無しなので2枚目に最適 海外での利用のデータ反映が遅いのが弱点
詳細 エポスカード詳細 オリコiB詳細 横浜カード詳細

※「傷害・疾病治療費」の項目を赤く目立たせてある理由は、下で説明します。

年会費無料の海外旅行保険付きカードは現在19枚

年会費無料でも海外旅行保険が付帯しているクレジットカードは
2017年6月現在、19枚です。(当研究所調べ。簡単な条件付き無料も含む)

  • エポスカード
  • オリコiB
  • オリコVisa payWave
  • オリコPayPass
  • 三井住友VISAクラシックA
  • 三井住友VISAアミティエ
  • リクルートカード
  • JCB EITカード(エイトカード)
  • ジャックス横浜カード
  • REXカード(レックスカード) 2017年10月より年会費無料(初年度無料)
  • 楽天カード
  • ジャックスR-style ←リボ払必須、注意
  • プラスハッピーUCカード
  • ニコスVIASO(ビアソ)カード
  • DCカードJizile(ジザイル) ←保険少、注意(詳細)
  • イオンSuicaカード ←保険少、注意(詳細)
  • ビックカメラSuicaカード ←保険少、要注意(詳細)
  • JCBカードEXTAGE(エクステージ)
  • ベルメゾンメンバーズカード ←保険少、注意
  • SBIレギュラーカード(2015年10月より有料化) ←病気保険ナシ注意(詳細)
  • REXカードLite(ライト) 残念。新規募集終了。

保険内容を細かく比較したものは↓こちら。
年会費無料の海外旅行保険付きカード比較表

年会費無料カードの中で、どう選ぶか?

では、年会費無料カードの中で、どう選べばいいのでしょうか?ポイント還元率でしょうか?いやいや、ポイント還元率は後にしてください。

海外旅行へ行くときのためのカードは、まずは「海外旅行保険の手厚さ」で比較するべきです。海外旅行保険の保険金の額(補償の最高額)は、カードによって、かなり違うからです。

さらに言えば、保険金の項目の中でも、傷害治療費/疾病治療費の項目を重視すべきです。海外旅行保険の中で、ダントツに使う確率が高いからです。↓下で、詳しく説明します。

海外旅行保険とは、基本的には5つの内容

海外旅行保険は、有料保険、カード付帯保険にかからわず、基本的には、↓下記の5つのことを守ってくれます。

海外旅行保険 生命保険部分 海外旅行保険 医療保険部分
海外旅行保険 損害保険部分 海外旅行保険 盗難保険部分
海外旅行保険 救援者費用

つまり、海外旅行保険とは、①の生命保険、②の医療保険、③の損害保険、④の盗難保険(持ち物保険)が合体したものなのです。(⑤の救援者費用は長期入院時に家族を日本から呼ぶ費用などで、海外旅行保険独自のものです)

↑この上記5つの補償の中で、ダントツに使う確率が高いのが、②の「傷害疾病治療費用」、つまりケガ病気の治療費用です。この②の保険金は、かかった病院代を全額払ってもらえます。海外旅行保険の中で一番頼りになる項目です。このため、有料保険の場合、「傷害疾病治療費用」が一番、コスト(=保険料)がかかります。

たとえば、有名な「損保ジャパン日本興亜の海外旅行保険off!」の保険料を見てみましょう。↓このような感じです。

グアム1週間の海外旅行保険額
ケガ病気治療費用が保険料の一番大きい部分を占める(2017年1月 海外旅行保険off!オーダーメイドプランより)

↓こちらが、上の保険料比率をわかりやすくしたものです。

海外旅行保険の保険料の内訳
例えば5000円の保険なら、1800円分がケガ病気治療費用の費用。それくらい重要なんです

↑②の「ケガ病気治療費用」の保険料が全体の3分の1以上ですよね。保険会社も「ケガ病気治療費用が一番使われやすい」と知っていて、保険料を高くしているわけです。そして、次に重視すべきなのは、④の持ち物を守る「携行品損害」であることがわかります。

5つの項目の重要度を大きさで表すと↓こんなイメージです。

海外旅行保険の項目の重要度を大きさで表すと

ですので、よくある、クレジットカードの宣伝文句である、「付帯する海外旅行保険は最高●千万円!」にダマされてはダメなのです。「最高額」というのは、死亡や賠償の額がほとんど。でも、それらは使う確率は低い。それよりもずっと使う確率の高い、ケガ病気治療費や携行品損害の補償額の多さを基準に選ぶべきなのです。

選び方の落し穴の例として、年会費無料でも要注意のカードを見てみましょう。↓

年会費無料でも、海外旅行保険の点ではオススメできないクレジットカード

年会費無料カードでも、↓下記のカードは、海外旅行で使うには要注意です。

  alert要注意
DCジザイル
DCジザイル
alert要注意
イオンカードsuica
イオンカードSuica
alert要注意
ビックカメラsuicaカード
ビックカメラSuicaカード
年会費 無料 無料 年1回利用で無料
国際ブランド Master VISA VISA/JCB
保険付帯条件 自動付帯 自動付帯 自動付帯





傷害死亡/後遺傷害 1000万円 500万円 500万円
★重要★
傷害・疾病治療費
30万円
↑少ない
50万円
↑少ない
50万円
↑少ない
賠償責任 1000万円 なし なし
携行品損害 10万円 なし なし
救援者費用 50万円 なし なし
キャッシュレス診療 × ×

↑これら3枚は、人気のあるカードですが、海外保険の面で見ると、超注意カード。疾病/傷害治療費用(病気・ケガ時の病院代の保険金)が少なすぎるため、海外で病院にかかったときに、ちょっとした手術・入院レベルで、自腹が発生する可能性があります。

その他、有名な、イオンカード(一般カード)、オリコ・ザ・ポイント、ファミマTカードなども、年会費無料ですが、海外旅行保険が付帯していない、要注意カードです。

保険付きカードは2枚以上持つべき

年会費無料カードの海外旅行保険は、大体が疾病治療費の限度額が100万〜200万円です。これに対し、ハワイを含むアメリカやヨーロッパ、オーストラリアなど欧米諸国の医療費は高額で、例えば盲腸にかかったときには200万円以上かかる国が多いです。

ですので、ゴールドカードなら別ですが、年会費無料カードの場合、一枚のカードの保険だけでは足りません。

その場合、カードを複数枚もっておくことが重要です。なぜなら、保険付きカードを複数枚持っていると、死亡後遺障害以外の項目は、限度額が合算されるからです。

疾病治療費200万円のカードを2枚持っていた場合、限度額は合算され、400万円まで補償されることになります。

  rank1_a
エポスカード
エポスカード
rank2_a
orico-ib-164-105
オリコiB
合算合計
国際ブランド VISA VISA/JCB





傷害死亡/後遺傷害 500万円 2000万円 2000万円
合算なし
★重要
傷害・疾病治療費
傷害200万円
疾病270万円
傷害200万円
疾病200万円
傷害400万円
疾病470万円
賠償責任 2000万円 2000万円 4000万円
携行品損害 20万円 20万円 40万円
救援者費用 100万円 200万円 300万円
詳細 エポスカード詳細 オリコiB詳細

※傷害死亡/後遺障害の項目だけでは、合算ではなく、2つの最高額が限度額になります。

カードの組み合わせも考えるべき

また、クレジットカードを選ぶときには、カードの組み合わせも考えておきましょう。一枚がVISAなら、もう一枚はマスターかJCBにするなど、別の国際ブランドのカードを揃えておくと、使える場所が増えるので便利です。

少し注意したい、利用付帯カード

年会費無料なのですが、海外旅行保険を有効にするためには、交通費か旅費をカード払いするのが条件である「利用付帯」のカードが以下の4つです。

  • 楽天カード
  • ニコスVIASO(ビアソ)カード
  • リクルートカード
  • JCBカードEXTAGE(29歳以下限定カード)

ただし、

  • リクルートカードと、
  • JCBカードEXTAGE(29歳以下限定カード)

に関しては、90日以上の海外滞在にも使える「利用付帯裏技可能カード」ですので、利用付帯は、利点でもあります。

利用付帯裏技に関しては、詳しくは、こちらのページを御覧ください。
利用付帯海外保険カードで90日(3ヶ月)以上を狙う裏技と注意点

年会費無料でも要注意のカード

以下のカードは少し注意が必要です。

  • ジャックスR-style
    ⇒リボ払い専用カードで、リボ払回避技ナシ
  • DCカードJizile(ジザイル)
    ⇒疾病傷害治療費が30万円と少ない
  • イオンSuicaカード
    ⇒疾病傷害治療費が50万円と少ない
    ⇒携行品損害がない
  • ビックカメラSuicaカード
    ⇒疾病傷害治療費が50万円と少ない
    ⇒携行品損害がない
  • ベルメゾンメンバーズカード
    ⇒疾病傷害治療費が50万円と少ない
    ⇒利用付帯裏技可能
  • SBIレギュラーカード
    ⇒2015年10月より有料化(年900円)
    ⇒疾病治療費なし、携行品損害補償なし
    ⇒要は、保険ダメダメカード
  • 比較表でも確認した上で選ぶようにしてくださいね。
    年会費無料の海外旅行保険付きカード比較表

    最後に、もう一度、おすすめの3カードを掲載しておきます。

      rank1_a
    エポスカード
    エポスカード
    rank2_a
    orico-ib-164-105
    オリコiB
    rank3_a
    ジャックス横浜インビテーションカード
    横浜カード
    年会費 無料 年1回利用で無料 無料
    国際ブランド VISA VISA/JCB VISA/JCB
    保険付帯条件 自動付帯 自動付帯 自動付帯





    傷害死亡/後遺傷害 500万円 2000万円 2000万円
    ★重要★
    傷害・疾病治療費
    傷害200万円
    疾病270万円
    傷害200万円
    疾病200万円
    傷害200万円
    疾病200万円
    賠償責任 2000万円 2000万円 2000万円
    携行品損害 20万円 20万円 20万円
    救援者費用 100万円 200万円 200万円
    キャッシュレス診療 ×
    ポイント 文句なし1位。傷害死亡が低いのは全く問題なし キャッシュレス無しなので2枚目に最適 海外での利用のデータ反映が遅いのが弱点
    詳細 エポスカード詳細 オリコiB詳細 横浜カード詳細

\ SNSでシェアしてもらえると嬉しいです! /

海外旅行保険節約研究所の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

海外旅行保険節約研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

のむてつ

サイト「ちょろいもんだぜ中国生活」運営。上海生活歴7年(現在日本)。中国一年目のとき、保険代理店に勧められるままに無駄に豪華な海外旅行保険に加入、あとで約4万円節約できたことを知り、泣く。そのときの後悔から海外旅行保険節約と、クレジットカード活用にハマる。日本人よ、もっと海外に挑戦しよう!

質問があれば、お気軽にこちらからどうぞ ⇒ 質問する