1. TOP
  2. 高校生をカード付帯海外旅行保険でカバーする方法

高校生をカード付帯海外旅行保険でカバーする方法

女子高校生
今どきは、高校生だって海外留学や海外旅行へ行きますよね。
では、高校生の海外旅行保険は、
有料の海外旅行傷害保険に加入するしかないのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
2つ方法があります。

1.海外旅行保険付帯のデビットカードを作る

1つ目は、
高校生でも発行ができて、海外旅行保険も付帯している、
「ANAマイレージクラブ
 FinancialPass VISAデビットカード」
を作ること。
参考:公式サイト
ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード
このカードは、
スルガ銀行のANA支店が発行するカードで、
デビットカードなのに珍しく海外旅行保険が付帯しています。
クレカではなくデビットカードなので、
15歳以上なら作れます。
これなら高校生でもOKですよね。
ただし、付帯する海外旅行保険は、
傷害死亡後遺傷害 1,000万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
携行品 10万円
賠償責任 1,000万円
救援者費用 150万円
(海外旅行保険は自動付帯)
というように、十分な額ではないので、
(特に治療費用が少ない)
注意が必要です。
なので、できれば、
↓下記の方法をおススメします。

2.親が家族特約付きクレジットカードを持つ

親のクレジットカードに海外旅行保険が付帯していて、
かつ、その保険に「家族特約」がついていれば、
高校生の子も保険の対象となります。
家族特約というのは、
カード所有者の家族も保険の対象にする特約です。
(ただし、同居や親族に限るなど条件あり)
家族特約は基本的に、ゴールドカード以上のカードに、
付帯していることが多いです。
ゴールドカードのため、
気になる保険の補償額も、
疾病傷害治療費が
200万円以上、300万円以上のものもあります。
参考:海外旅行保険付きゴールドカード比較表
ゴールドカードの年会費は、約1万円〜なので、
有料の海外旅行保険の金額と比較すると、
大体1ヶ月以上の海外滞在だったら元は取れるでしょう。
一ヶ月以内の海外旅行の場合は、
有料の海外旅行保険のほうが安く済みそうです。
以上、今回は、高校生の海外旅行保険を、
カード付帯保険で済ませることを考えてみました。
情報が役に立ちましたら幸いです!

\ SNSでシェアしてもらえると嬉しいです! /

海外旅行保険節約研究所の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

海外旅行保険節約研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
[コツ]保険付帯カードは、まず「子供の保険が必要かどうか」で決めるべき
保険付帯カードを選ぶコツは、まずは「18歳未満の子供の保険が必要かどうか?」を決めること。

●子供の保険が必要 ⇒家族特約付きカード(種類少ない。年会費高い)
●子供の保険は不要 ⇒一般カード(種類多い。年会費安い)


となります。配偶者や同居家族がいても、18歳以上なら、家族カードを作ることで、同じ保険を持つことができるので、家族特約付きカードは不要です。

子供の保険が不要な人は、↓こちらの比較表をどうぞ。


海外旅行保険付帯クレジットカード比較表(子供がいない人向け)
海外旅行保険付帯クレジットカード比較表(子供がいない人向け)

(↑画像をクリックすると飛びます)

子供の保険も欲しい人は、↓こちらの家族特約付きカード比較表を。


家族特約付き海外旅行保険50枚比較表
家族特約付き海外旅行保険50枚比較表

(↑画像をクリックすると飛びます)

学生さんは、学生ならではのお得なカードがあります。こちら↓


海外旅行する学生のおすすめクレジットカード選び
海外旅行する学生のおすすめクレジットカード選び


最新情報をお届けするメールマガジン


新しく発見したカード利用方法や注意点などを、メールマガジンでお届けします。

のむてつのメルマガ 登録フォームへ

最新情報の届く、のむてつメルマガの登録はこちら

ライター紹介 ライター一覧

のむてつ

サイト「ちょろいもんだぜ中国生活」運営。上海生活歴7年(現在日本)。中国一年目のとき、保険代理店に勧められるままに無駄に豪華な海外旅行保険に加入、あとで約4万円節約できたことを知り、泣く。そのときの後悔から海外旅行保険節約と、クレジットカード活用にハマる。日本人よ、もっと海外に挑戦しよう!

質問があれば、お気軽にこちらからどうぞ ⇒ 質問する