1. TOP
  2. みずほマイレージクラブカードの海外旅行保険と海外旅行での注意点

みずほマイレージクラブカードの海外旅行保険と海外旅行での注意点

みずほマイレージクラブカード

 

みずほマイレージクラブカードは、セゾンカード発行のものや、UCカード発行のものなど、いくつか種類かあります。しかし、実は、どのカードも海外旅行保険の面では、あまり良くありません。

「海外旅行にどれだけ使えるか?」という視点で、分析してみます。

海外旅行保険が付帯していないみずほマイレージクラブカード

みずほマイレージクラブカード

●みずほマイレージクラブカード/ANA
●みずほマイレージクラブカードセゾンSuica
●みずほマイレージクラブカード一般カード(UCマスターカード)
●みずほマイレージクラブカード一般カード(セゾンVisa)
●みずほマイレージクラブカード一般カード(セゾンJCB)
●みずほマイレージクラブカード/THE POINT(Visa/マスター)

以上の6種類のカードは、海外旅行保険が付帯していません。

みずほ一般カードで海外旅行保険付きはアメックスベーシックのみ

みずほマイレージクラブカードのシリーズの中で、一般カードで唯一、海外旅行保険が付帯しているのが↓このカード。

みずほマイレージクラブカード セゾンアメックス ベーシック
●みずほマイレージクラブカードセゾンアメックス・ベーシック

補償内容を見てみましょう。

みずほマイレージクラブカードセゾンアメックス・ベーシックの補償限度額

保険は自動付帯で、期間は最長90日。
傷害死亡/後遺障害 1000万
傷害治療 100万(1回のケガにつき)
疾病治療 100万(1回の病気につき)
賠償責任 1000万(1回の事故につき)
携行品損害 なし
救援者費用 なし
飛行機遅延/欠航 なし
ロストバゲージ なし

携行品損害と救援者費用は保険対象外なのが気になりますね。

また、そもそもカード付帯の海外旅行保険を選ぶとき、一番重要なのは、一番使う確率の高い、病気ケガの治療費用の補償額です。それが、このカードでは、ケガ・病気治療費ともに100万円。

これは「まあまあ」のレベルですが、このカード一枚だけでは不足します。カード付帯保険は、カードを複数枚持っていると限度額を上乗せできるので、他のカードと合わせて使うことをおすすめします。(下で解説します)

みずほアメックス・ベーシックに、プラスどれだけで海外旅行保険は十分か?

ハッキリ言えば、みずほアメックス・ベーシック1枚の保険だけでは足りません

足りるか足りないか、で問題となる項目は、

●疾病・傷害治療費用の額
●救援者費用の額

の2つです。その中でも疾病・傷害治療費用は、風邪や腹痛でも使う可能性があり、一番使う確率が高いので最重要。

その治療費用で、必要額を考えてみると、大雑把な額ですが↓こんな感じになります。

必要最低限の医療費とカード枚数
アジア 300〜500万⇒カード2,3枚
(台湾300万、香港400万、シンガポール500万)
ヨーロッパ 400〜600万⇒カード2,3枚
オーストラリア 400万⇒カード2枚
アメリカ(ハワイ含む) 1000万以上⇒カード5枚
(グアム・サイパンは400万くらい)

という感じです。なので、みずほアメックス・ベーシックカード1枚の付帯保険だけでは「アジアでも保険金が不足する心配アリ」というレベルです。ですので、他のカード付帯保険も使って上乗せする必要があるんですね。上乗せについては、↓次に、説明します。

足りない分は、他のカード付帯保険との合算でカバー

クレジットカード付帯海外旅行保険に他の保険を上乗せ

みずほアメックス・ベーシック1枚だけの付帯保険で足りないので、他の保険付きクレジットカードを持ち、保険を上乗せさせます。

海外旅行保険付きのクレジットカードを2枚以上持っていた場合は、それぞれの項目の補償限度額が合算されるのです!(ただし傷害死亡/後遺障害の項目は合算されない)

具体例で見てみましょう。みずほアメックス・ベーシックに、比較表1位のエポスカード(VISA)で上乗せするとします。

↓表で見ると、補償額はこんな感じに合算されます。

みずほマイレージクラブカード アメックス ベーシック
みずほアメックス・ベーシック
エポスカード
エポスカード
合算結果
保険期間 90日 90日 90日
条件 自動付帯 自動付帯    
傷害死亡
/後遺障害
1000万 500万 1000万
傷害治療
費用
100万 200万 300万
疾病治療
費用
100万 270万 370万
賠償責任 1000万 2000万 3000万
携行品損害 なし 20万 20万
救援者費用 なし 100万 100万
  エポスカード詳細    

※「傷害死亡/後遺障害」の項目だけは合算されず、高い金額のほうが上限になる。

↑この合算後の額なら、アジア旅行なら、一応、安心できますね。もう少し保険金があったほうが安心という人は、保険付帯カードをさらにもう一枚作っておくと、さらに上乗せになります。合算&必要な保険額に関しては、↑こういう感じで考えてください。

ちなみに、合算させる目的でカードを選ぶなら、保険が自動付帯のカードのほうが余計な手続き不要なのでラクです。

年会費無料や年会費の安いカードを探しているなら、こちらの比較表から探してみてください。⇒クレジットカード海外旅行保険比較表(80種以上)

銀行キャッシュカード・クレカ一体型カードの注意点

これは、みずほマイレージクラブカードの全ての種類に関して言えることですが、銀行キャッシュカード一体型のクレジットカードは、海外旅行では特に注意が必要です。できれば、海外旅行時には、みずほのカードは日本に置いていくことをオススメします。

なぜなら、銀行のキャッシュカード機能付きのカードは、盗難/紛失時に不正利用に遭うと、被害に遭ったお金が戻ってこなかったり、戻ってくるのに非常に時間がかかる場合が多いからです。

クレジットカードは、カード利用から銀行引落しまで時間差があるので、盗まれて悪用された場合でも、銀行引落しまでに、自分が利用していないことを証明すれば、銀行からお金は引かれません。

しかし、キャッシュカードやデビットカードの場合は、不正利用された場合は、銀行口座から即時にお金が引かれます。これが厄介なのです。一旦、銀行から引かれてしまったお金は、戻してもらうのが難しいのです。

単純に考えて、クレジットカードとキャッシュカードが1枚になって便利なぶん、リスクも2倍になるわけです。こういう理由から、私は、海外旅行には、キャッシュカード一体型やデビットカードは、あまりオススメしていないのです。

リスクの部分も頭に入れて、海外旅行に持っていくカードを決めてください。

今は年会費無料のカードも多くあります。「海外旅行用」として、保険付帯カードを別に準備するのは、かしこい方法だと思います。↓こちらの一覧比較も参考にしてみてください。

[コツ]保険付帯カードは、まず「子供の保険が必要かどうか」で決めるべき
保険付帯カードを選ぶコツは、まずは「18歳未満の子供の保険が必要かどうか?」を決めること。

●子供の保険が必要 ⇒家族特約付きカード(種類少ない。年会費高い)
●子供の保険は不要 ⇒一般カード(種類多い。年会費安い)


となります。配偶者や同居家族がいても、18歳以上なら、家族カードを作ることで、同じ保険を持つことができるので、家族特約付きカードは不要です。

子供の保険が不要な人は、↓こちらの比較表をどうぞ。


海外旅行保険付帯クレジットカード比較表(子供がいない人向け)
海外旅行保険付帯クレジットカード比較表(子供がいない人向け)

(↑画像をクリックすると飛びます)

子供の保険も欲しい人は、↓こちらの家族特約付きカード比較表を。


家族特約付き海外旅行保険50枚比較表
家族特約付き海外旅行保険50枚比較表

(↑画像をクリックすると飛びます)

学生さんは、学生ならではのお得なカードがあります。こちら↓


海外旅行する学生のおすすめクレジットカード選び
海外旅行する学生のおすすめクレジットカード選び


最新情報をお届けするメールマガジン


新しく発見したカード利用方法や注意点などを、メールマガジンでお届けします。

のむてつのメルマガ 登録フォームへ

最新情報の届く、のむてつメルマガの登録はこちら

ライター紹介 ライター一覧

のむてつ

サイト「ちょろいもんだぜ中国生活」運営。上海生活歴7年(現在日本)。中国一年目のとき、保険代理店に勧められるままに無駄に豪華な海外旅行保険に加入、あとで約4万円節約できたことを知り、泣く。そのときの後悔から海外旅行保険節約と、クレジットカード活用にハマる。日本人よ、もっと海外に挑戦しよう!

質問があれば、お気軽にこちらからどうぞ ⇒ 質問する