1. TOP
  2. MUFGカード海外旅行保険の注意点←海外生活者の観点から

MUFGカード海外旅行保険の注意点←海外生活者の観点から

MUFGカードのロゴ

MUFGカードは、2008年7月に生まれた新しいカードです。

「三菱UFJニコス」という会社は、もともと、ニコスカード、UFJカード、DCカードという3つのカードが統合されてできた会社で、今も3つのブランドを並行して運営しています。ゆくゆくは「MUFG」ブランド一本に統合する予定なのかもしれません。今のところは「UFJカード」ブランドが、「MUFGカード」に変更され、それだけに留まっています。

そんな新しいMUFGカードなのですが、もともと統合前のニコスカードが、海外旅行保険に力を入れていたブランドなので、MUFGカードにも充実した海外旅行保険を期待していたのですが、その期待どおりに、なかなか良い海外旅行保険を用意してくれています。(年会費無料カードが無いのが残念ですが。)

MUFGカードが「売り」として、前面に出しているのが、↓この2枚のカードです。

MUFGゴールドカード(年会費1905円)とMUFGイニシャルカード(年会費1250円)

MUFGゴールドカードは、保険は一般カードレベル。見た目だけゴールド

MUFGゴールド(アメックス・JCB・VISA・マスター)

↑このMUFGゴールドカードには、「年会費1905円でゴールドとは、すごい!」と、私(管理人)も期待したのですが、実はコレ、「見た目だけがゴールドな一般カード」でした(笑)。海外旅行保険の内容は、↓このMUFGイニシャルカードと全く同じ。

 

MUFGイニシャルカードは、29歳以下専用カード。在学中は年会費無料

MUFGイニシャルカード(アメックス・JCB・VISA・マスター)

↑このMUFGイニシャルカードは、若い人向けカードで29歳以下専用。在学中は年会費無料なので、学生なら使う価値あり。

 

上記の2枚のカードと、当サイトの保険カードランキング一位のエポスカードと比較してみましょう。

MUFGゴールドカードとMUFGイニシャルカードの海外旅行保険補償額をエポスカードと比較

  エポスカード
エポスカード
MUFGイニシャルカード(アメックス・JCB・VISA・マスター)
MUFGイニシャルカード
MUFGゴールド(アメックス・JCB・VISA・マスター)
MUFGゴールドカード
年会費 無料 1250円
在学中無料
1905円
国際ブランド

保険付帯条件 自動付帯 自動付帯 自動付帯





傷害死亡/後遺傷害 500万円 2000万円
(100万円)
2000万円
(100万円)
★重要★
傷害・疾病治療費用
傷害200万
疾病270万
傷害200万
(20万円)
疾病200万
(20万円)
傷害200万
(20万円)
疾病200万
(20万円)
賠償責任 2000万円 2000万円
(100万円)
2000万円
(100万円)
携行品損害 20万円 20万円
(10万円)
20万円
(10万円)
救援者費用 100万円 200万円
(50万円)
200万円
(50万円)
キャッシュレス診療
備考 比較表1位エポスカード詳細 29歳以下限定カード

※MUFGゴールドの( )内の数字は、一年のカード利用額が20万円未満の場合。

このMUFGイニシャルカードも、MUFGゴールドカードも、一般カードとして考えると、海外旅行保険は悪くありません。だた、「一年のカード利用額が20万円以下の場合は保険も少なくなる」という条件が付けてあるところが、ちょっとセコイですよね(苦笑)。

MUFGゴールドは、見た目だけのゴールドカードなので、家族も保険対象になる家族特約もついていませんし、空港ラウンジの利用もダメです(もちろんMUFGイニシャルカードもダメです)。

MUFGゴールドプレステージ(年会費1万円)の海外旅行保険は?

MUFGゴールド プレステージ

では、次に、MUFGカードの中で、一般的に言う「ゴールドカード」レベルのカードである、「MUFGゴールドプレステージ」(年会費1万円(税別))について見てみましょう。

ゴールドプレステージのほうの海外旅行保険は、自分自身の保険に関しては一般カードレベルですし、(一番使う確率の高い「病気ケガ治療費」で判断)家族特約のほうは、まあまあのレベルという程度です。

 

家族特約付きカードランキング一位のセゾンゴールドアメックスと比較してみましょう。一番の比較ポイントは、治療費用の限度額ですね(赤い部分)。

MUFGゴールドプレステージの海外保険補償額をセゾンゴールドアメックスと比較

  saison-gold-amex-s
セゾンゴールドアメックス
MUFGゴールド プレステージ
MUFGゴールドプレステージ
年会費 1万円(税抜) 1万円(税抜)
国際ブランド
保険付帯条件 自動付帯 自動付帯





  本会員 家族 本会員 家族
傷害死亡/後遺傷害 5000万円 1000万円 5000万円 1000万円
★重要★
傷害・疾病治療費
傷害
300万
疾病
300万
傷害
300万
疾病
300万
傷害
200万
疾病
200万
傷害
200万
疾病
200万
賠償責任 3000万円 3000万円 3000万円 3000万円
携行品損害 30万円 30万円 50万円 50万円
救援者費用 200万円 200万円 200万円 200万円
キャッシュレス診療
家族特約の範囲 子供○、配偶者○、同居の親○ 子供○、配偶者○、同居の親○
家族カード年会費 年会費1000円 無料
備考 セゾンゴールドアメックス詳細ページへ  

※家族特約の他のカードの比較に関しては、こちらの比較をご覧ください。
家族特約付きカード比較表

この「MUFGカード ゴールドプレステージ」は、実はウリが、「20〜40代のビジネスパーソンが海外出張でも利用できるカード」となっていたんですけどね。プレステージのほうは、少々期待ハズレでした。

あとのウリは、このカードの売りになっている、「コンシェルジュサービス」ですね。海外のレストランを予約したり、ミュージカルやスポーツチケットを手配するなど、してくれます。ここに価値を感じるかどうかが、このカードを選ぶかどうかの分かれ目になりそうです。

以上のような感じなので、海外旅行保険だけが目的なら、他にも良いカードはたくさんある、というのが結論です。

⇒参考:ゴールドカード海外旅行保険比較表

\ SNSでシェアしてもらえると嬉しいです! /

海外旅行保険節約研究所の注目記事を受け取ろう

MUFGカードのロゴ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

海外旅行保険節約研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

のむてつ

サイト「ちょろいもんだぜ中国生活」運営。上海生活歴7年(現在日本)。中国一年目のとき、保険代理店に勧められるままに無駄に豪華な海外旅行保険に加入、あとで約4万円節約できたことを知り、泣く。そのときの後悔から海外旅行保険節約と、クレジットカード活用にハマる。日本人よ、もっと海外に挑戦しよう!

質問があれば、お気軽にこちらからどうぞ ⇒ 質問する