1. TOP
  2. P-oneカードなどポケットカード海外旅行保険の注意点←海外生活者の視点から

P-oneカードなどポケットカード海外旅行保険の注意点←海外生活者の視点から

ポケットカード、P-oneカードなど画像

P-oneカードや、ファミマTカードなどを出しているポケットカード株式会社。「1%オフ」など、カード払いでお得というイメージが強いポケットカードですが、海外旅行には向いているのでしょうか?海外旅行保険は付帯しているのか?その保険は使えるのか?使えないのか?詳しく分析していきます。

まず結論。海外旅行にはオススメしないです。。。

先に結論を書いておきます。ポケットカードの中には、海外旅行保険の補償限度額など、スペック的には良いカードもあるのですが、私はおすすめしていません。

というのは、簡単に言えば、「対応に不安があるから」です。海外旅行保険に関する何回かの問合せの中で、重要な部分で回答が二転三転したりするからです。(下に詳細を書いておきます)

私だけではなく、読者さんからも、そういう情報が入っていますので、今のところ、ポケットカードのカードは、海外旅行的には、おすすめしないようにしています。

P-one Wiz、P-oneスタンダードは海外旅行保険ナシ

P-one Wizカード

年会費無料で、1%オフで人気なのが、P-one WizカードとP-oneカードスタンダード。しかし、残念ながら、両カードともに海外旅行保険は付帯していません。

あと、ファミマTカードもポケットカードの発行カードなのですが、こちらも海外旅行保険ナシ。

じゃあ、ポケットカードには年会費無料で海外旅行保険付帯のカードは無いのか?というと、そうでもありません。↓こちらで見てみます。

エキサイトマスターカード(年会費無料)の海外旅行保険

エキサイトマスターカード

Excite MasterCard(エキサイトマスターカード)は、ポケットカードの中で唯一、年会費無料で海外旅行保険が付帯しているカードです。海外旅行保険の補償限度額も良いです。↓こんな感じ。

Excite MasterCardの海外旅行保険補償限度額

傷害死亡/後遺障害 2000万
傷害治療 200万(1回のケガにつき)
疾病治療 200万(1回の病気につき)
賠償責任 2000万(1回の事故につき)
携行品損害 20万 (1年でリセット)
救援者費用 200万(1年でリセット)
飛行機遅延/欠航 なし
ロストバゲージ なし
保険は自動付帯で、期間は最長90日。
(引受保険会社は、あいおいニッセイ同和)

年会費無料で↑この保険内容ですから、良いカードなんですよ、スペックは。

でも、やっぱり安心してオススメできないんです。ダメな理由は下に詳しく書きます。

P-oneカード プレミアムゴールドの海外旅行保険

P-oneプレミアムゴールドカード

P-oneカード プレミアムゴールドは、年会費1万円(税抜)ですが、1枚持っているだけで家族の海外旅行保険も付いてくる「家族特約」付き。このカードもスペックは良いんです。↓こんな感じ。

P-oneカード プレミアムゴールドの海外旅行保険補償限度額

本人補償額
傷害死亡/後遺障害 5000万
傷害治療費用 500万
疾病治療費用 500万
携行品損害  50万
賠償責任   5000万
救援者費用  500万

家族特約対象者の補償額
傷害死亡/後遺障害 1000万
傷害治療費用 200万
疾病治療費用 200万
携行品損害  20万
賠償責任   2000万
救援者費用  200万

保険は自動付帯で、期間は最長90日。
(引受保険会社は、あいおいニッセイ同和)

↑このように、本当にスペック的には良いカードです。

ただし、次に書くように、対応に不安があるため、オススメできないんです。

ポケットカードを海外旅行にオススメしない理由

事故受付デスク(=保険会社)が付帯保険内容を回答できない

2017年夏のことですが、カード付帯保険の事故受付デスクに問合せをしました。事故受付デスクというのは、保険会社が受付をしていて、保険に関して一番詳しくないといけない窓口。

問合せた内容は、保険が自動付帯なのかどうか、キャッシュレスができるのかどうか、など。

しかし、回答は、最初に出た人では回答できず。次に、上席の人に代わってもらっても結局同じで、のらりくらりと、ハッキリした答えは得られず。

「そもそも、カード付帯保険では、キャッシュレスサービスができる前提で対応していない。お客様の中でも要求してきた人だけに対応している」みたいなことを言いつつも、待たされた挙げ句、最終的には「ココでは補償内容については回答できません」という回答。

種類の違うカード一枚一枚の違いを尋ねたなら、その回答でも、まだ理解できるんですけどね。自動付帯なのかどうか、や、キャッシュレス可能か、という根本的なことがわかっていない様子なので、不信感が募りました。

ポケットカードの海外保険ではキャッシュレスは不可?

上記のような対応が、よくあるようで、医療費のキャッシュレスサービスが可能かどうかの回答も、情報がゴチャゴチャになっていました。

●読者さんAがお客様センター(=カード会社)に電話
 ⇒回答は「キャッシュレス不可」
●読者さんBがお客様センター(=カード会社)にメール
 ⇒回答は「事故受付デスク(=保険会社)に電話して」
●のむてつが事故受付デスク(=保険会社)に電話
 ⇒回答は「キャッシュレス不可。詳しくは保険代理店に電話して」
●のむてつがポケットカード保険代理店に電話
 ⇒回答は「キャッシュレス可能」
(以上は、2017年夏)

●のむてつがお客様センター(=カード会社)に電話
 ⇒回答は「会員以外には教えられない」
●のむてつが別のカードのあいおいニッセイ同和の事故受付デスクに電話し、ポケットカードについて質問
 ⇒回答は「ポケットカードもキャッシュレス可能」
(以上は、2018年2〜3月)

これまで私も、いろいろなカード会社&保険会社に問合せをしてきましたが、ここまでひどいのは初めてです。そもそも、問合せのために電話をしても、電話が繋がらないですしね。

これ、実際に病気やケガになってから、こんな対応されたら、たまったもんじゃないです。

ということで、以上のような、やりとりを通して、「ポケットカードは海外旅行には、不安すぎてオススメできない」という結論になったわけです。

まとめ

ポケットカードは、海外旅行保険のスペック的には良いカードもあるのですが、私はおすすめしません。

別にもっと良いカードがあるので、そちらをオススメします。

一般カード比較表

家族の保険も付く家族特約つきカード比較表

\ SNSでシェアしてもらえると嬉しいです! /

海外旅行保険節約研究所の注目記事を受け取ろう

ポケットカード、P-oneカードなど画像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

海外旅行保険節約研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

のむてつ

サイト「ちょろいもんだぜ中国生活」運営。上海生活歴7年(現在日本)。中国一年目のとき、保険代理店に勧められるままに無駄に豪華な海外旅行保険に加入、あとで約4万円節約できたことを知り、泣く。そのときの後悔から海外旅行保険節約と、クレジットカード活用にハマる。日本人よ、もっと海外に挑戦しよう!

質問があれば、お気軽にこちらからどうぞ ⇒ 質問する