1. TOP
  2. クレジットカード海外保険は治療費を比較しろ←海外生活者の観点から

クレジットカード海外保険は治療費を比較しろ←海外生活者の観点から

ニコスカード画像  シティカード画像  ソニーカード画像
現在、多くのクレジットカードに、海外旅行保険が無料で付帯しています。
比較表を作りました!)
また、年会費無料で発行できるカードもあり、これらを利用すると、
普通なら1週間で5000円くらいかかる海外旅行保険が、
無料で使えることになります。
ただ、カード会社の説明や、カード比較サイトを見るときには注意してください。
なぜなら、最大補償額となる死亡補償額しか書いていないものが、ほとんどだからです。
現実って、死亡する確率は非常に低いですよね。
ケガや病気になって医療費がかかることのほうが、はるかに多いわけです。
実際に、一般的な海外旅行保険の掛け金の場合、
7、8割をケガ病気の治療費補償の保険料が占めています。
なので、海外旅行保険を目当てにカードを作る場合は、
治療費補償の額でクレジットカードを選ぶべきなのです。
この部分を説明しているサイトや雑誌記事を、私は見たことがありません。
たぶん、みんな、実際に海外で使ったこともなく記事を書いているからなんですよね。
そういう部分に疑問を持ったので、自分で、
クレジットカードのサイトを調べ回って作ったのが、
このサイトなのです。
皆さんのお役に立つとうれしいです。
クレジットカード海外治療費比較表
ただし、クレジットカードに付帯している海外旅行保険の場合、
一般の海外旅行保険に劣る部分も、あります。
●海外旅行保険の補償は、90日以下の海外滞在に限られること、
(これは、裏技によって90日以上も可能になります。⇒利用付帯カードで90日以上の裏技
●外国での医療費は、まず立て替える必要があること、
(しかし、最近は、医療費を立て替える必要のないキャッシュレスサービス付
 クレジットカードも増えて
きました!!⇒キャッシュレス可能海外保険カード一覧
●「疾病死亡補償」が無い場合が多いこと、
などの点です。
デメリットも把握した上で、活用しましょう。

\ SNSでシェアしてもらえると嬉しいです! /

海外旅行保険節約研究所の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

海外旅行保険節約研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
[コツ]保険付帯カードは、まず「子供の保険が必要かどうか」で決めるべき
保険付帯カードを選ぶコツは、まずは「18歳未満の子供の保険が必要かどうか?」を決めること。

●子供の保険が必要 ⇒家族特約付きカード(種類少ない。年会費高い)
●子供の保険は不要 ⇒一般カード(種類多い。年会費安い)


となります。配偶者や同居家族がいても、18歳以上なら、家族カードを作ることで、同じ保険を持つことができるので、家族特約付きカードは不要です。

子供の保険が不要な人は、↓こちらの比較表をどうぞ。


海外旅行保険付帯クレジットカード比較表(子供がいない人向け)
海外旅行保険付帯クレジットカード比較表(子供がいない人向け)

(↑画像をクリックすると飛びます)

子供の保険も欲しい人は、↓こちらの家族特約付きカード比較表を。


家族特約付き海外旅行保険50枚比較表
家族特約付き海外旅行保険50枚比較表

(↑画像をクリックすると飛びます)

学生さんは、学生ならではのお得なカードがあります。こちら↓


海外旅行する学生のおすすめクレジットカード選び
海外旅行する学生のおすすめクレジットカード選び


最新情報をお届けするメールマガジン


新しく発見したカード利用方法や注意点などを、メールマガジンでお届けします。

のむてつのメルマガ 登録フォームへ

最新情報の届く、のむてつメルマガの登録はこちら

ライター紹介 ライター一覧

のむてつ

サイト「ちょろいもんだぜ中国生活」運営。上海生活歴7年(現在日本)。中国一年目のとき、保険代理店に勧められるままに無駄に豪華な海外旅行保険に加入、あとで約4万円節約できたことを知り、泣く。そのときの後悔から海外旅行保険節約と、クレジットカード活用にハマる。日本人よ、もっと海外に挑戦しよう!

質問があれば、お気軽にこちらからどうぞ ⇒ 質問する