1. TOP
  2. 海外旅行に複数クレジットカードを持つべき理由←海外生活者の観点から

海外旅行に複数クレジットカードを持つべき理由←海外生活者の観点から

安全面や海外サポート、海外旅行保険、現地での外貨引き出しなど、今や、クレジットカードは海外旅行には欠かせないものです。しかし、もっと言えば、海外旅行にはクレジットカードは複数持っておくべきと私は考えています。理由としては4つ。

盗難や紛失したときの予備カードとして
JCBはダメなど使えない場合があるから
海外旅行保険の上乗せ
違った海外サポートが期待できるから

細かく説明していきましょう。

理由1.盗難や紛失したときの予備カードとして

メインのクレジットカードを無くしたときや、スキミング被害などのトラブルで利用停止にしたときに、予備カードがないと非常に困るんです。私も海外出張中に盗難に遭ったの経験があるのですが、とにかく不便でした。

カード停止になって不便なこと
●支払いのために現金を持ち歩かないといけないので不安。
●ホテルのチェックインのときに、クレジットカードが無いと現金をデポジットとして預ける必要がある。
●ホテルや航空機の予約がネットで、できなくなる。
●欧米では、クレジットカードは身分証代わりになり、信用になる。持っていないと「カードすら作れない人」という扱い。

メインのカードの盗難や紛失のときのために、予備のカードは必ず用意しておくべきです。

「緊急カード発行サービス」なんかも、あるのですが、結局、1日や2日は、かかります。それよりも、事前に予備のカードを用意しておいたほうが、安心です。

もっと言えば、海外旅行用に「海外旅行専用カード」を作るのが一番安全な手です。

最近は、スキミング犯罪などもあるので(参考記事:最新スキミング犯罪手口)、海外ATMや少し心配な店では、利用限度額を必要最低限まで下げたカードを利用するようにするのがおススメです。

理由2.JCBはダメとか、種類によって使えない場合があるから

「JCBは使えません」だとか、「アメックスは駄目なんです」とか言われることって結構あります。(ダイナースなんかは、「これ、クレジットカードなんですか?」という対応されることもあります。苦笑)

食事やショッピングのときだけではなく、現地ATMでの外貨引き出し(=海外キャッシング)のときも同じで、カードの種類によって使えるカード、使えないカードがあったりします。

国によっては、ATMだと時間によって使える種類に制限があることもありました。(例えば21時以降はVISAでは引き出せないなど)

ですので、やはり、複数のクレジットカードを準備しておいたほうが、柔軟に対応できるのです。

理由3.海外旅行保険の上乗せのために

カード付帯保険上乗せイメージ

死亡時の保険金だけは、カードを複数持っていても、上乗せされません。

しかし、それ以外は上乗せされます。病気やケガの治療費、持ち物の損害、賠償責任の補償、救援者費用などは、カードが複数あると、支払われる保険金の上限が上乗せされます。

これは詳しくはこちらのページをご覧ください。⇒複数ある保険付帯カードで、保険内容を上乗せする方法

理由4.違った海外観光サポートサービスが期待できる

基本的に、海外観光サポートデスクというのは、多くのカードで、JTBグローバルアシスタンスというJTB系の会社がやっているんですが、JCBやアメックスのように独自でサポートデスクを展開しているところもあります。

旅行系なら旅行会社であるJTB系が強いですし、JCBはJCBプラザがある都市なら現地社員がいてレストラン情報や現地情報などに強いです。

アメックスは現地サポート社員がいないぶん、英語が堪能なオペレーターさんが多く、英語での交渉事などを頼むときに頼もしいです。(ホテル満室時に無理言ってねじ込んでもらうなど)

あと、楽天カードのように海外観光サポートサービス自体が無いカードもありますので、やはりクレジットカードは、複数枚あったほうが良いと思います。

以上、海外旅行に複数クレジットカードカードを持つべき理由でした。

年会費無料のカードも結構あるので、予備カードとして準備しておくのがおススメです。
⇒参考:海外旅行保険付きカード比較表

\ SNSでシェアしてもらえると嬉しいです! /

海外旅行保険節約研究所の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

海外旅行保険節約研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
[コツ]保険付帯カードは、まず「子供の保険が必要かどうか」で決めるべき
保険付帯カードを選ぶコツは、まずは「18歳未満の子供の保険が必要かどうか?」を決めること。

●子供の保険が必要 ⇒家族特約付きカード(種類少ない。年会費高い)
●子供の保険は不要 ⇒一般カード(種類多い。年会費安い)


となります。配偶者や同居家族がいても、18歳以上なら、家族カードを作ることで、同じ保険を持つことができるので、家族特約付きカードは不要です。

子供の保険が不要な人は、↓こちらの比較表をどうぞ。


海外旅行保険付帯クレジットカード比較表(子供がいない人向け)
海外旅行保険付帯クレジットカード比較表(子供がいない人向け)

(↑画像をクリックすると飛びます)

子供の保険も欲しい人は、↓こちらの家族特約付きカード比較表を。


家族特約付き海外旅行保険50枚比較表
家族特約付き海外旅行保険50枚比較表

(↑画像をクリックすると飛びます)

学生さんは、学生ならではのお得なカードがあります。こちら↓


海外旅行する学生のおすすめクレジットカード選び
海外旅行する学生のおすすめクレジットカード選び


最新情報をお届けするメールマガジン


新しく発見したカード利用方法や注意点などを、メールマガジンでお届けします。

のむてつのメルマガ 登録フォームへ

最新情報の届く、のむてつメルマガの登録はこちら

ライター紹介 ライター一覧

のむてつ

サイト「ちょろいもんだぜ中国生活」運営。上海生活歴7年(現在日本)。中国一年目のとき、保険代理店に勧められるままに無駄に豪華な海外旅行保険に加入、あとで約4万円節約できたことを知り、泣く。そのときの後悔から海外旅行保険節約と、クレジットカード活用にハマる。日本人よ、もっと海外に挑戦しよう!

質問があれば、お気軽にこちらからどうぞ ⇒ 質問する