1. TOP
  2. [コツ]JCBエイト(EIT)カードのリボ払いコントロール

[コツ]JCBエイト(EIT)カードのリボ払いコントロール

JCBエイト(EIT)カードというカードは、海外旅行保険が手厚いカードで、このサイトのカード比較表でもおすすめしているカードです。JCBシリーズでは、年会費無料ですし、一番のおすすめカードと言えます。

(その他の、海外旅行保険付き年会費無料カードに関しては、こちらの記事をご覧ください。
年会費無料の海外旅行保険付きクレジットカード

ただ、このJCBエイト(EIT)カード、欠点は、リボ払い(リボルビング払い)専用のカードなんです。逆に言えば、リボ払い専用カードだからこそ、いろいろと特典が付いているとも言えます。

リボ払いとは

そもそも、リボルビング払いというのは、「月々、自分で指定した一定金額ずつを払う」という支払方法です。

たとえば、リボ払いで「毎月支払う額は3万円」と設定したとします。そして、5万円の買い物をすると、1ヶ月目に3万円を支払い、2ヶ月目は残りの2万円プラス金利、という感じの支払いをします。↓こういうイメージですね。

リボ払い図

(JCBエイト公式サイトより)

自分で設定した支払い金額以下だった場合は、普通の一括払いと同じで、金利はかかりません。

リボ払いは好き嫌いの分かれる支払い方法

リボ払いのメリットとしては、無理なく毎月の返済ができる、という部分ですね。リボ払いは好き嫌いの分かれる支払方法です。↓こんなふうに意見は分かれるでしょう。

●毎月一定金額を払うほうが生活がラクな人⇒リボ払い向き
●利子は意地でも払いたくない人⇒リボ払いは不向き

では、利子を払いたくない人には、このJCBエイトは向いていないのか・・・と思いきや、実は、そうでもないのです。

実は、利子を払いたくない人にも、JCBエイトはオススメなのです。

JCBエイトが利息支払い嫌いの人にもオススメな理由

ここからがJCBエイト(EIT)カードの一番スゴいところなのですが、JCBエイトには、このような2つの特長があるからです。

JCBエイトの特長
1●リボ払いの初回手数料が無料。
2●毎月の支払額を自由に設定可能。上げようと思えば、カード利用額の上限まで上げることもできる。

リボ払い専用カードで、リボ払いしかできないとしても、設定した毎月の支払金額を越えなければ利息は発生しません。ですので、上記の1と2の特長を組み合わせ、月々の支払金額をカード利用額の上限まで上げておくと、利息ナシで利用することが可能なのです!

例えば、カードの利用限度額が50万円だとして、リボ払いの月々の支払額を50万円に設定すれば、すべてが一括払いと同じとなり、利息はつきません。

そんなスゴい利用法も可能なのが、JCBエイト(EIT)カードなのです!

一括の支払がキビしいときには、また月々の支払金額を下げれば、リボ払が利用でき、余裕を持った返済も可能、というわけです。

支払いが、これだけ自由に選べるのですから、便利ですよね、JCBエイト。実際のJCBエイト(EIT)カードのリボ払いから一括払いに変える設定は、こちらの記事で説明しています。

JCBエイト(EIT)カード リボ払から一括払いへの変更設定

ちなみにですが、他の会社のリボ払い専用カードは、毎月の設定支払額以下で、実質一回払いのときでもリボ払いの初回手数料が必要だったり、毎月の支払額の上限が3万円とかすごく低かったり、JCBエイトほど便利なカードは少ないです。

以上のことがわかると、JCBエイト(EIT)カードは、どんな人にも、十分利用価値のあるカードだということがわかると思います。

なんと言っても年会費無料カードで海外旅行保険は最高レベルですからね。キャッシュレス診療も可能ですし、ショッピング保険(買物保険)も付帯。海外旅行者、海外出張者には見逃せないカードです。

 

JCBエイト(EIT)カードは、海外旅行保険付きカード比較表では6位前後。

JCBエイト(EIT)カードの海外旅行保険の詳細は、↓こちらで解説しています。

\ SNSでシェアしてもらえると嬉しいです! /

海外旅行保険節約研究所の注目記事を受け取ろう

リボ払い図

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

海外旅行保険節約研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

のむてつ

サイト「ちょろいもんだぜ中国生活」運営。上海生活歴7年(現在日本)。中国一年目のとき、保険代理店に勧められるままに無駄に豪華な海外旅行保険に加入、あとで約4万円節約できたことを知り、泣く。そのときの後悔から海外旅行保険節約と、クレジットカード活用にハマる。日本人よ、もっと海外に挑戦しよう!

質問があれば、お気軽にこちらからどうぞ ⇒ 質問する