1. TOP
  2. 楽天ゴールドカード 海外旅行での使い方と保険の注意点←海外生活者の視点から

楽天ゴールドカード 海外旅行での使い方と保険の注意点←海外生活者の視点から

楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカードの最大の特徴は、空港ラウンジが使えること
 

楽天ゴールドカードって、
●年会費2,160円だけど、その価値あるの?
●楽天カードよりおトクなの?
●年会費10,800円の楽天プレミアムカードと、どっちがトク?

そんな、楽天カード選びで悩める方々のために、このページでは、楽天ゴールドカードのメリット&デメリットについて、海外旅行の観点から、解説したいと思います。

年会費無料ではない楽天ゴールドカードは、年2160円の価値があるのか?

楽天カードと楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードの比較

楽天カード
楽天カード
楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
年会費 無料 2,160円 10,800円
ポイント還元率(一般) 1% 1% 1%
ポイント還元率(楽天トラベル) 2% 2% 3%
ポイント還元率(楽天市場/楽天ブックス) 4% 5% 5%
海外旅行保険
(治療費用額)
200万 200万 300万
空港ラウンジ × 国内28空港
海外は韓国とハワイのみ
多数
航空会社ラウンジ × × 多数
プライオリティ・パス × ×
ETCカード 年540円 無料 無料
家族カード
年会費
無料 年540円 年5,400円
家族カード会員のラウンジ利用 × ×

結論。楽天ゴールドカードの特典・メリットは2つ

さきに結論を書いておきます。無料の楽天カードと比較した、楽天ゴールドカードのメリットは2つです。

●楽天市場と楽天ブックス利用時に、もらえるポイントが1%増える
●空港ラウンジが使える

↓下で詳しく見ていきます。

ポイント還元率で考えた楽天ゴールドカードの損益分岐点

まず、最初のメリット、「もらえるポイントが1%増える」というのを考えてみましょう。1%ポイント増加はトクなんでしょうか?

そもそも、増える1%というのは、楽天市場か楽天ブックスを利用したときに限定で、もらえるポイントが4%から5%に増える、ということです。そして、その増える1%は期間限定ポイント。もらった月の月末までに利用しないと消えてしまいます。

損益分岐点を考えてみます。1%というのは、月1万円利用で月100ポイント(=100円)もらえる、ということ。年会費2160円の元が取れるラインは、「楽天市場か楽天ブックスで月1万8000円の買物をすること」になります(年会費2160円÷12ヶ月=180円。180ポイント獲得=18,000円の買物)。

月に1万8000円も、楽天で買物しますか?私は、最近はamazonでの買物のほうが増えているので、楽天では月1万円も買物しないですね。

楽天トラベルの利用だと、楽天ゴールドに得は無い

海外旅行好きだと気になるのは、楽天トラベルの利用のときにもらえる楽天ポイント。

ただ、残念ながら、楽天ゴールドカードでは、楽天トラベル利用時の優遇ポイントはありません。無料の楽天カードと、もらえるポイント数は同じです。

では次に、2つめのメリットである、ラウンジ利用について見てみましょう。

楽天ゴールドカードで使えるラウンジは国内28空港、海外2空港

楽天ゴールドカードでは、国内28空港、海外2空港(ハワイと韓国)、↓下記のラウンジを無料で利用することができます。

空港名 ラウンジ名 営業時間
新千歳空港 「スーパーラウンジ」 7:00~20:30
函館空港 「国内線ビジネスラウンジ」 8:00~最終便最終搭乗案内まで
青森空港 「エアポートラウンジ」 7:00~20:20
秋田空港 「ロイヤルスカイラウンジ」 6:50~20:35
仙台空港 「ビジネスラウンジ」 8:30~19:30
成田空港 第1旅客ターミナル「 IASS EXECUTIVE LOUNGE 1 」 7:00~21:00
第2旅客ターミナル「 IASS EXECUTIVE LOUNGE 2 」 7:00~21:00
羽田空港 第1旅客ターミナル「エアポートラウンジ(中央)」 6:00~20:00
第1旅客ターミナル「エアポートラウンジ(北)」 6:00~20:30
第1旅客ターミナル「エアポートラウンジ(南)」 6:00~21:00
第2旅客ターミナル「エアポートラウンジ(南)」 6:00~20:00
第2旅客ターミナル「エアポートラウンジ(北)」 6:00~20:00
第2旅客ターミナル「エアポートラウンジ(北ピア)」 6:00~21:30
※国際線旅客ターミナルのラウンジはダメなので注意
新潟空港 「エアリウムラウンジ」 7:10~19:50
富山空港 「らいちょう」 6:20~20:00
小松空港 「スカイラウンジ白山」 7:00~19:40
中部国際空港 「第2プレミアムラウンジ セントレア」 7:20~20:30
関西国際空港 「比叡(ひえい)」 8:00~21:00
伊丹空港 「ラウンジオーサカ」 6:30~20:00
神戸空港 「ラウンジ神戸」 6:30~最終便出発時間の10分前まで
岡山空港 「ラウンジ マスカット」 6:30~最終便出発の20分前
広島空港 「ビジネスラウンジ「もみじ」」 7:00~20:30
米子空港 「ラウンジDAISEN」 始発便出発1時間前~最終便出発15分前
山口宇部空港 「ラウンジきらら」 7:15~19:30
高松空港 「ラウンジ讃岐(さぬき)」 6:15~最終便出発時間の20分前まで
松山空港 「ビジネスラウンジ」 7:00~19:30
徳島空港 「ヴォルティス」 6:30~最終便出発15分前まで
福岡空港 「くつろぎのラウンジTIME」 6:30~20:30
「ラウンジTIMEインターナショナル」 7:45~21:00
北九州空港 「ラウンジひまわり」 7:00~21:00
大分空港 「ラウンジくにさき」 6:40~最終便出発の15分前
長崎空港 「ビジネスラウンジ「アザレア」」 6:45~20:40
熊本空港 「ビジネスラウンジ」 6:30~最終便出発
鹿児島空港 「スカイラウンジ菜の花」 7:00~20:00
那覇空港 「ラウンジ華(hana)」 8:00~20:00
ハワイ・ホノルル空港 国際線ターミナル「 IASS HAWAII LOUNGE 」 7:30~18:00
韓国・仁川空港 「 IASS INCHEON LOUNGE EAST・WEST 」 7:00~21:00

ラウンジの利用は、お金を払うと2000〜3000円しますので、これだけでも年会費の元は取れるとも言えます。年会費約2000円で、空港ラウンジが使えるカードは、あまり無いので、楽天ゴールドカードは、貴重と言えば、貴重なカードです。

ただ、楽天ゴールドでは、海外で使えるラウンジが少ないので物足りない、とも言えます。逆に、そもそもラウンジを使わない人には無価値なサービスですし、↓下に書きますが、旅行に同行する家族や友人はラウンジは有料なので、そこまで利用しないかもしれません。このラウンジ利用が価値があるかどうかの判断は、人によりますね。

残念ながら、ラウンジは同行者(同伴者)は有料

ラウンジ利用は、カード会員本人のみ無料です。同行者は有料。ただ、家族カード(年会費540円)を発行すれば、その家族もラウンジに無料で入れます。

楽天ゴールドカードにはpriority pass(プライオリティパス)は付いていない

これは、楽天プレミアムカードとの比較になるのですが、楽天プレミアムカードは、世界各地の非常に数多くの空港ラウンジが使えるPriority Pass(プライオリティパス)が付いているのがメリット。

残念ながら、楽天ゴールドカードには、このプライオリティ・パスは付いていません。

プライオリティ・パスの大きな利点としては、カード会社が用意した空港ラウンジではなく、ANAやJALなど航空会社のラウンジも使える、というのがあります。

航空会社のラウンジは、基本的には、ビジネスクラスやファーストクラスに乗る人をもてなすためのものなので、設備や食事などが充実しているんです。それは、一度、航空会社のラウンジを使ってしまうと、普通の空港ラウンジに魅力を感じなくなるくらい差があります。

●楽天ゴールドは、カード会社の空港ラウンジの利用のみ
●楽天プレミアムは、航空会社のラウンジも利用できる

この差は、大きいです。年会費8000円の差ですね。

その他、楽天ゴールドカードの良い点

ポイント還元率とラウンジ以外の、その他の楽天ゴールドの良い点も見てみましょう。

インビテーション(招待状)は不要

楽天ゴールドカードは、誰でも申込ができるカードなので、インビテーション(招待状)は不要です。

国際ブランドはVISA/マスター/JCBから選べる

国際ブランドはVISA/マスター/JCBから選べるので、他のカードと組み合わせるときに便利です。(海外旅行で複数枚カードを持つなら、国際ブランドは違うものにすべきです。世界には、VISAしか使えない店、マスターしか使えない店などがあるからです)

ETCカードが無料になる

楽天カードはETCカードに年会費540円が発生しますが、楽天ゴールドカードだと、ETCカードは年会費無料になります。

 

楽天ゴールドカードのデメリット・不足な点

では、今度は、楽天ゴールドカードのデメリットというか、ダメな点も見てみましょう。

付帯海外旅行保険は、無料の楽天カードと全く同じ

楽天ゴールドカードに付帯している海外旅行保険は、残念ながら、無料の楽天カードのものと全く同じです。

  楽天カード
楽天カード
楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
年会費 無料 2,160円 10,800円
保険付帯条件 利用付帯 利用付帯 自動付帯





傷害死亡/後遺傷害 2000万円 2000万円 4000万円
(5000万円)
★重要★
傷害・疾病治療費
傷害200万円
疾病200万円
傷害200万円
疾病200万円
傷害300万円
疾病300万円
賠償責任 2000万円 2000万円 2000万円
携行品損害 20万円 20万円 30万円
(50万円)
救援者費用 200万円 200万円 200万円
キャッシュレス診療
備考 ( )は旅費をカード払いした場合
詳細 楽天カード詳細 楽天プレミアム詳細

海外旅行保険だけを考えた場合は、楽天ゴールドカードを持つ必要はないですね。年会費無料の楽天カードで十分です。

楽天ゴールドカードの海外旅行保険の詳細は、楽天カードと同じなので、詳細を知りたい方は、↓こちらのページを読んでみてください。

家族カードにも同じ海外旅行保険が付くが、年会費540円必要

楽天ゴールドカードで、家族カードを発行した場合、その家族カード会員にも、同じ海外旅行保険を使えるようになります。ただし、家族カード発行には年会費540円が必要。

その家族も、海外旅行保険だけを考えるなら、年会費を払って家族カードを発行するより、普通の楽天カードを発行したほうが年会費無料なのでおトクです。

楽天ゴールドカードには、手荷物宅配サービスは無し

残念ながら、楽天ゴールドカードには手荷物宅配サービスは付いていません。手荷物宅配サービスは大体、年会費3000円以上のカードにしか付いていないので、これはしょうがないですね。

まとめ

ポイントをまとめると、楽天ゴールドカードは↓こんなカードです。

楽天カードより楽天ゴールドカードに向くのは、こんな人
●楽天市場・楽天ブックスで毎月2万円使う人
●年会費2160円で、空港ラウンジは国内空港で使えればOK、という人
利用の注意点
海外旅行保険は、楽天カードと変わらない
家族カードに年会費540円がかかる
↓これらは楽天カードも同様のデメリット部分
手荷物宅配サービスは無い
付帯保険は1枚だけでは不十分。必ず他カードで上乗せを。
海外キャッシングは別のカードのほうがいい
飛行機遅延/欠航・ロストバゲージ保険は無い

以上、楽天ゴールドカードの解説でした!上手に活用してみてくださいね。

 

ライター紹介 ライター一覧

のむてつ

サイト「ちょろいもんだぜ中国生活」運営。上海生活歴7年(現在日本)。中国一年目のとき、保険代理店に勧められるままに無駄に豪華な海外旅行保険に加入、あとで約4万円節約できたことを知り、泣く。そのときの後悔から海外旅行保険節約と、クレジットカード活用にハマる。日本人よ、もっと海外に挑戦しよう!

質問があれば、お気軽にこちらからどうぞ ⇒ 質問する