1. TOP
  2. 利用付帯の保険
  3. タッチアンドゴーカード(Touch’n GO card)の購入&チャージをクレジットカード払いする方法

タッチアンドゴーカード(Touch’n GO card)の購入&チャージをクレジットカード払いする方法

タッチアンドゴーカードのロゴ
タッチアンドゴーカードはいろいろ使える電子マネー

クアラルンプールで有名な電子マネーカード、それがタッチアンドゴーカード(Touch’n GO card)です。このタッチアンドゴーカード、日本のクレジットカードで購入やチャージができます。

しかも少額でも購入やチャージができるので、利用付帯裏技を有効にしたいときに便利です。

※この方法の場合、タッチアンドゴーカードへのチャージだけでは利用付帯は有効になりません。必ず、「チャージとカード利用の両方」が必要です。

このページでは、そんなタッチアンドゴーカードのカード払いについて解説します。

メリットとデメリット

メリット
●最低支払20RMと安い
●KLでは使い道が多いカードなので便利

デメリット
●駅まで行かないといけないので面倒
●利用付帯を有効にするのに、「電子マネーは不可」とするカード会社もあるので注意が必要

電子マネーを利用付帯で使うときの注意点

電子マネーを利用付帯で使うときには2つの注意点があります。

●注意点1:カード会社によって利用付帯に使えないことがある

2020年1月15日にルールが改悪され、「チャージ式の電子マネーを使っての交通費支払いでは利用付帯を有効にしない」とするカード会社が増えました。

そもそも、電子マネーには「チャージ式」のものと「即時カード決済式」の2つがあります。2つそれぞれの扱いに関して、主な利用付帯裏技カードを調査したところ、↓このような感じでした。

電子マネー支払いで利用付帯を有効にできるカードできないカード
※チャージ式と即時決済式でも違うので注意
チャージ式 即時決済式
トラストクラブカード
リクルートカードVISA/マスター ×
リクルートカードJCB ×
エムアイゴールド ×
JCBカード ×
アメックス ×
三井住友カード
セディナカード
↑カード名をクリックすると、それぞれのカードの付帯保険の解説ページに飛びます。

 

●注意点2:チャージ式電子マネーの場合、保険金請求には2つの明細が必要

利用付帯裏技に、「チャージ式電子マネー」を利用した場合は、↓この2つの明細が必要です。

利用付帯への電子マネー利用に必要な2つの資料
①電子マネーへチャージしたことがわかるクレジットカードの利用明細
②交通費支払いをしたことがわかる電子マネーの利用明細

なので、利用付帯を有効にする目的で使う場合は、「使う予定の電子マネーで明細発行ができるか」をちゃんと確認してから、使うようにしてください。

クレカ購入&チャージはセルフサービス・キオスクで

タッチアンドゴーカードがカード払いできるセルフサービスキオスク

タッチアンドゴーカード(Touch’n GO card)は、いろいろな場所で買えますが、カードの自動販売機「セルフサービス・キオスク Self-Service Kiosk (SSK)」で購入すると、日本のクレジットカードでも購入が可能で、おすすめです。

設置場所一覧

セルフサービス・キオスクの設置場所一覧は、公式サイトの↓ここで見ることができます。

場所によって、

●カード購入不可(Card PurchaseがNo)
●チャージ手数料がかかる(Reload FeeがYes)
●クレジットカード払いができない(Credit/Debit CardがNo)

という違いがあるので、ちゃんとチェックしてから行くようにしてください。

KLセントラル駅直結のニューセントラル内にあるタッチアンドゴーハブ

タッチアンドゴーハブ(ニューセントラルのL2階)

2017年10月に、実際に行って購入してきました。

私が行ったタッチアンドゴーのお店(Touch’n GO Hub タッチアンドゴーハブ)は、KLセントラル駅直結のショッピングモール「nu sentral」(ニューセントラル)のL2フロアにあります。行き方は、↓こんな感じ。

KLセントラル駅構内図。ニューセントラル・ショッピングセンターへの道

KLセントラル駅と、ニューセントラル駅は、↑このように繋がっています。タッチアンドゴーハブへ行くには、地図の一番下の吹き抜け前のエスカレーターで2つ上の階へ行きます。

注意したいのが、マレーシアのビルの階の数え方。書いてあるのが何階なのか、よくわかりません(笑)。↓こんな階層になっているので、とりあえず、「タッチアンドゴーハブは2つ上のL2階にあるよ」とだけ覚えておいてください。

ニューセントラルの階
L5 (8階)
L4 (7階)
L3 (6階)
L2 (5階) ←ココにある
L1 (4階)
CC (3階) ←KLセントラル駅に繋がる
GF (2階) ←モノレール駅に繋がる
LG (1階)

実際のお店と自販機

ニューセントラルの吹き抜け

L2階まで上がると、吹き抜けに面したところの、ちょうど真ん中へん、サムスンの店の隣に、タッチアンドゴーハブがあります。

ニューセントラルのタッチアンドゴーハブの位置
ニューセントラルのL2階の構内図

お店は↓こんな感じ。
タッチアンドゴーハブ(ニューセントラルのL2階)

入口近くに2台並んでいる機械の、左のほうで、タッチアンドゴーカード(Touch’n GO card)を、クレジットカード購入できます。右の青い機械のほうは、「RELOAD」と書いてあるので、おそらく、チャージ専用機と思われます。

タッチアンドゴーカードの自販機「セルフサービスキオスク」

カード購入の動画

今回は、私のリクルートカード(VISA)で購入する様子を動画に撮ってきましたので、操作方法は↓こちらの動画をご覧ください。

タッチアンドゴーカードの価格

タッチアンドゴーカード

カード購入時にかかった費用ですが、私の場合は、合計60RMでした。

●カード代 10RM(返却なし)
●チャージ額 10、20、30、50、100、200RMから選択

↑このようにチャージ額は選べるので、一番安く済ませるなら20RMですね。

利用明細の表示はこんな感じ

↓こちらが、リクルートカードVISAの利用明細。
タッチアンドゴーカードをクレジットカード払いしたときの利用明細

「LONGBOW TECH/PUCHONG」としか書いてないので、保険会社の人も、これだけでは電子マネーへのチャージの支払いであることがわかりづらいと思います。ですので、やはり、セルフサービスキオスクから出てくる↓この紙をチャージの証拠として保管しておいたほうが良さそうです。
タッチアンドゴーカードのセルフサービスキオスク支払明細

タッチアンドゴーカード購入はVISA/マスター/アメックスのみ!JCBは不可

私はリクルートカードVISAで無事購入できました。で、その他の国際ブランド、マスターカードやアメックス、JCBは使えるか?という問題ですが、現地在住の読者さんがTouch’n Goの会社に問合せをしてくれました!

結果、「使えるカードは、アメックスかマスターかVISAのみで、JCB等、他のカードはダメ」ということが判明しました。

また、カウンターでのリロード(=チャージ)は、マレーシア国内発行のクレカしか使えないそうです。

利用明細の発行方法は、次の記事で解説します

↓こちらの続きの記事で、タッチアンドゴーカードの利用明細の出し方を解説します。

\ SNSでシェアしよう! /

海外旅行保険節約研究所の注目記事を受け取ろう

タッチアンドゴーカードのロゴ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

海外旅行保険節約研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

のむてつ

のむてつ

元高校教師。公務員を辞め、上海に渡り起業。上海生活7年(現在日本)、国際結婚歴13年、海外ビジネス歴17年。もともと自分のために調べ始めたカード付帯保険ですが、ブログでまとめるようになって15年。2019年末で、読者からいただいた相談数が1,000件を超えました。今も海外滞在者の役に立つよう、情報を集め続けています。

2019年6月 マレーシアナビ カード保険セミナー
2019年6月 マレーシア在住者向け勉強会
2018年8月 マレーシアナビ カード保険セミナー
2018年8月 マレーシア在住者向け勉強会
2018年8月 カード保険勉強会@ペナン島
2018年4月 マレーシアナビ カード保険セミナー
2017年10月 マレーシア在住者向け勉強会

質問があれば、お気軽にこちらからどうぞ。(初歩的な質問でも大歓迎です) ⇒ 質問する