1. TOP
  2. カード海外医療保険について←海外生活者の観点から

カード海外医療保険について←海外生活者の観点から

質問集 質問その他
  1,657 Views

海外での医療保険は、一般的には、
日本の保険会社が提供する海外旅行保険でカバーするのが普通です。
むしろ、日本の保険会社が提供する海外旅行保険にしておいたほうが、
いざというときのサポート電話や相談で日本語が使えるので、便利です。
海外の保険会社の場合は、英語や現地語での対応になるので、
いざというときは、覚悟しておかないといけません。
で、その日本の海外旅行保険ですが、わざわざ買わなくても、
クレジットカードに「おまけ」のサービスとして付帯しているものでも
十分カバーできるんです。
普通に海外旅行保険に加入すると、
1週間で5000円くらいかかってしまいますから。
1年だと10万円以上かかります。
ところが、クレジットカード付帯の海外旅行保険なら、
年会費無料のカードでも、
一回の治療につき200万円まで補償されるものもある
んです。
さらに、そのようなカードを複数枚持つことで、
治療費の補償額に関しては、上乗せしていくことが可能です。
(死亡・後遺障害の補償額は上乗せされません)
さらに、さらに、
普通、クレジットカードの海外旅行保険は90日が限界なのですが、
90日以上の海外旅行でも可能できできる裏ワザカードもあります。
さらに、さらに、さらに、
一般の海外旅行保険と同じく、「キャッシュレス診療サービス」が可能なカードもあります。
(つまり、「一旦、現地で医療費を建て替える必要がない、というサービス」)
ぜひとも、これらのカードをよく研究して、
海外滞在中の医療保険を節約してくださいね。
あと、カード付帯の海外旅行保険に関して、
医療保険の面でのデメリットも書いておきます。
●持病・既往症などは保険対象外となる。
●歯医者はダメ。
以上、2点は、カード付帯ではない、普通の海外旅行保険でも
カバーされない部分です。ご注意くださいね。
私も、上海生活を始めたばかりのときは、
あまり調べずに高額な海外旅行保険に加入して行き、
あとで調べたら年額で4万円以上節約できたことがわかり、
非常に後悔しました。
医療保険にして、海外旅行保険にしても、
海外生活の中では、結構大きな割合を占める支出です。
みなさんは、節約できる部分は、ちゃんと節約をして、
もっと有益な経験をするのに、その節約したお金を使ってくださいね。

\ SNSでシェアしてもらえると嬉しいです! /

海外旅行保険節約研究所の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

海外旅行保険節約研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
[コツ]保険付帯カードは、まず「子供の保険が必要かどうか」で決めるべき
保険付帯カードを選ぶコツは、まずは「18歳未満の子供の保険が必要かどうか?」を決めること。

●子供の保険が必要 ⇒家族特約付きカード(種類少ない。年会費高い)
●子供の保険は不要 ⇒一般カード(種類多い。年会費安い)


となります。配偶者や同居家族がいても、18歳以上なら、家族カードを作ることで、同じ保険を持つことができるので、家族特約付きカードは不要です。

子供の保険が不要な人は、↓こちらの比較表をどうぞ。


海外旅行保険付帯クレジットカード比較表(子供がいない人向け)
海外旅行保険付帯クレジットカード比較表(子供がいない人向け)

(↑画像をクリックすると飛びます)

子供の保険も欲しい人は、↓こちらの家族特約付きカード比較表を。


家族特約付き海外旅行保険50枚比較表
家族特約付き海外旅行保険50枚比較表

(↑画像をクリックすると飛びます)

学生さんは、学生ならではのお得なカードがあります。こちら↓


海外旅行する学生のおすすめクレジットカード選び
海外旅行する学生のおすすめクレジットカード選び


最新情報をお届けするメールマガジン


新しく発見したカード利用方法や注意点などを、メールマガジンでお届けします。

のむてつのメルマガ 登録フォームへ

最新情報の届く、のむてつメルマガの登録はこちら

ライター紹介 ライター一覧

のむてつ

サイト「ちょろいもんだぜ中国生活」運営。上海生活歴7年(現在日本)。中国一年目のとき、保険代理店に勧められるままに無駄に豪華な海外旅行保険に加入、あとで約4万円節約できたことを知り、泣く。そのときの後悔から海外旅行保険節約と、クレジットカード活用にハマる。日本人よ、もっと海外に挑戦しよう!

質問があれば、お気軽にこちらからどうぞ ⇒ 質問する