1. TOP
  2. 海外で賠償責任保険だけ欲しいときはJCBトッピング保険がおすすめ

海外で賠償責任保険だけ欲しいときはJCBトッピング保険がおすすめ

質問集
  383 Views

海外で賠償責任保険だけ欲しいとき

「海外の医療保険は現地の保険や留学生用保険はあるのですが、賠償責任保険だけ無いから欲しい!」という質問を、たまに、いただきます。

たしかに、海外滞在中に、賠償責任保険だけ欲しい、ということもありえますよね。ここにポイントをまとめておきます。

賠償責任保険とは

賠償責任保険の保険金支払い例

賠償責任保険は、↓こういうケースをカバーしてくれるものです。

賠償責任保険の対象
●お店で自分のカバンをぶつけて商品を割ってしまった
●ボールを使うスポーツをしていて近くにあった車を傷つけてしまった
●旅行先で、自分の不注意で友人にケガを負わせてしまった
●ホテルで水漏れや火災を起こしてしまった

たしかに無いと不安。すべて万が一の事故なんですけどね。いつでもありえる事故ですし。。。

そういう必要な保険なので、普通は、この賠償責任保険は、海外旅行保険に含まれています。

賠償責任保険だけ欲しい場合どうするか?バラ掛け?

賠償責任保険だけ欲しい場合ですが、海外旅行保険のバラ掛けで探してみたのですが、賠償責任保険だけで掛けられるものは見つけられず…(涙)

と、ガッカリしていたのですが、見つけました。
↓この保険です!

JCBトッピング保険なら賠償責任保険だけのプランがある

JCBトッピング保険 賠償責任プラン

JCBカードを持っている人だけが加入できる「JCBトッピング保険」という保険があります。いくつかプランがあるのですが、その中の1つに「日常生活賠償プラン」というのがあります。

日常生活賠償プラン
月々150円。最高1億円の賠償補償。
国内・海外をカバー。訴訟費用なども補償

というもの。

こういう保険は「国内のみ対象」というパターンが多いのですが、JCBトッピング保険は海外も対象。嬉しいですね。

※ただし、どのJCBカードでもこの保険に加入できるわけではありません。対象カード・おすすめカードは下で紹介。

JCBトッピング保険の長所/メリット

申し込みはWEBから可能

申し込みは、公式サイトの↓こちらのページから可能(JCBカード所持者のみ加入できます)。ネット上で申込み手続きは全て完了します。

申し込み翌日から保険有効

申込をすると翌日から保険が有効になります。

家族の賠償責任もカバー

「日常生活賠償プラン」でカバーされるのは申込した本人だけではなく、家族もカバーされます。公式サイトに↓こう書いてあります。

(※2)この特約における被保険者は次のとおりです。
①本人
②本人の配偶者
③本人またはその配偶者の同居の親族
④本人またはその配偶者の別居の未婚の子
(以下略)

家族カード会員名義でも加入できる

「JCBカード会員しか申し込めない」というルールなのですが、家族カードを持つ家族カード会員も、家族カード会員の名義でJCBトッピング保険に申込可能です。

短所/デメリット

もちろん、100%良いことばかりではありません。短所/デメリットもあります。

海外転居すると契約終了

日本で住民票を抜いてしまうと加入できなくなります。途中の契約も終了になるので注意。

満70歳で契約終了

年齢が満70歳になってしまうと契約終了です。

賃貸アパートなどの損害賠償はダメ

これは有料の海外旅行保険やカード付帯保険と同じですが、賃貸契約した部屋への損害は保険対象外です。詳しくは、こちらの記事に書いています。⇒記事:賃貸アパートやマンションでは海外旅行保険の携行品と賠償責任に注意

対象のJCBカードとは?おすすめカードは?

JCB

対象の「JCBカード」とは

JCBトッピング保険が申し込めるのは「JCBカード」だけです。保険料の支払いは、そのJCBカードで行われます。

で、その対象カードですが、JCBが直接発行するJCBカードじゃないとダメです。提携カードではダメ。

つまり、楽天カードJCBや、リクルートカードJCBなどではダメなのです。

公式サイトには↓こう書いてあります。

利用できるJCBカードは、カード番号の最初の3桁が354、355で始まるカード、および裏面にJCBのお問い合わせ先の記載があるカードが対象となります。(一部対象とならないカードがあります。)

トッピング保険OKの、おすすめのJCBカードは↓このへんですね。

おすすめJCBカード(年会費無料のもの)

JCB EIT(エイト)カード
JCB EIT

年会費無料。付帯する海外旅行保険は自動付帯(治療費用限度額100万円)

JCBカードW・JCBカードW plus L
JCB W

年会費無料。39歳以下限定カードです(39歳までに申し込めば継続して持てる)。付帯する海外旅行保険は利用付帯(治療費用限度額100万円)。利用付帯裏技可能なので、長期滞在者にもおすすめ。

おすすめJCBカード(即日発行可能なもの)

JCB一般カード
JCB 一般カード

年会費1250円(税抜。初年度無料)。付帯する海外旅行保険は利用付帯(治療費用限度額100万円)。利用付帯裏技可能なので、長期滞在者にもおすすめ。

JCBゴールド
JCBゴールド

年会費1万円(税抜。初年度無料)。付帯する海外旅行保険は自動付帯(治療費用限度額300万円)。家族特約付きなので家族の保険もカバー(治療費用限度額200万円)。子連れ旅行者向き。

すでに海外にいる場合

もうすでに海外にいる人が、賠償責任保険が欲しいとき、JCBトッピング保険は使えるのか。調べましたので、ポイントと注意点をまとめておきます。

海外からの申し込みもOK

海外に行ってしまってからJCBトッピング保険を申し込んでも、ちゃんと翌日から保険は有効となります。

海外に出てからカード会員になっても保険OK

海外へ行ってから、ネットからJCBカード新規発行を申し込み、カードが自宅に届いた場合、そこからJCBトッピング保険に申し込んでも、トッピング保険は有効になります。

ただし、JCBカードさんの話では、「新規発行したカードが海外にいて受け取れるかは、責任もてません」とのこと。(海外滞在時のカード新規発行受け取り問題は、こちらの記事も参考にしてください)

自分名義のカード発行では、受け取りに問題がありそうなときは、↓この2つの方法も検討してみてください。

自分名義のカードが発行できないときの方法
●方法1
同居の家族にJCBカードを発行してもらい、その家族にJCBトッピング保険の「日常生活賠償プラン」に加入してもらう。自分は家族としてカバーされる形。
●方法2
同居の家族にJCBカードを発行してもらい、そのカードの家族カードを自分名義で発行してもらう。その家族カードを使ってJCBトッピング保険の「日常生活賠償プラン」に加入する。

解約方法

JCBトッピング保険の解約は電話が必要

解約はネットでは不可。電話のみ

解約は、ネットではできません。電話でのみ可能。でも電話すれば、2分ほどで解約完了します。(実際にやってみて2分でした)

解約するなら月末までに

契約が1ヶ月ごとなので、解約は、連絡した次の月の1日に解約となります。(その1日まで保険は有効)

私は忘れていて、ある月の2日に連絡したので、翌月1日まで保険有効になり、1ヶ月分余分に保険料がかかってしまいました(涙)。

解約後は、解約の書類が郵送で届きます(返送不要)。

まとめ

ポイントをまとめておきます。

海外で、賠償責任保険だけ欲しい人は
●JCBトッピング保険の「日常生活賠償プラン」が海外でも使えてオススメ。
●月々150円。最高1億円の賠償補償。
●JCBカードがあればWEBで申し込み後、翌日から保険有効
●保険料の支払いは、そのJCBカードで行われる
●1ヶ月ごとに解約可能
●解約は電話必須(月末までに連絡を)

という感じです。私もよく、このトッピング保険のお世話になっています。

最後に、おすすめカードをもう一度↓ここに掲載しておきますね。

JCB EIT
年会費無料。自動付帯(治療費用限度額100万円)

JCB W
年会費無料。39歳以下限定カード。利用付帯(治療費用限度額100万円)。利用付帯裏技可能。長期滞在者向き。

JCB 一般カード
年会費1250円(税抜。初年度無料)。利用付帯(治療費用限度額100万円)。利用付帯裏技可能。長期滞在者向き。

” target=”_blank”>JCBゴールド
年会費1万円(税抜。初年度無料)。自動付帯(治療費用限度額300万円)。家族特約付き(治療費用限度額200万円)。子連れ旅行者向き。

\ SNSでシェアしてもらえると嬉しいです! /

海外旅行保険節約研究所の注目記事を受け取ろう

海外で賠償責任保険だけ欲しいとき

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

海外旅行保険節約研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

のむてつ

サイト「ちょろいもんだぜ中国生活」運営。上海生活歴7年(現在日本)。中国一年目のとき、保険代理店に勧められるままに無駄に豪華な海外旅行保険に加入、あとで約4万円節約できたことを知り、泣く。そのときの後悔から海外旅行保険節約と、クレジットカード活用にハマる。日本人よ、もっと海外に挑戦しよう!

質問があれば、お気軽にこちらからどうぞ ⇒ 質問する