1. TOP
  2. [質問]保険付カード複数、病院の領収書は一枚。どうする?

[質問]保険付カード複数、病院の領収書は一枚。どうする?

保険付帯カード複数で病院の領収書1枚、どうする?

カードの自動付帯保険についてこのサイトで初めて知りました。ところでカードを何枚か持っていたほうがお得ということですが、海外で病院にかかったとき領収書は一枚しかもらえませんよね。でも保険会社に請求するときは原本を送るということで、二重に請求ということはできないと思うのですが、どういうことなんでしょうか?
保険限度額を超えるほどの高い治療費の時だけ複数枚持ってるとお得、ということになるんですか?よくわからないので教えてください。よろしくお願いします。

ご質問、ありがとうございます。

> カードを何枚か持っていたほうがお得ということですが、
> 海外で病院にかかったとき領収書は一枚しかもらえませんよね。
> でも保険会社に請求するときは原本を送るということで、
> 二重に請求ということはできないと思うのですが、
> どういうことなんでしょうか?

もちろん二重請求はできません(笑)。

有料の海外旅行保険も一緒なのですが、保険金を請求するときの提出書類には、「他に海外旅行保険に加入していませんか?」とか、「他に海外旅行保険付帯のクレジットカードをお持ちですか?」みたいな項目があり、それを書いて申請するんです。

病院の領収書は1つしかないので、それを使って、一つの会社に、保険金を請求する手続きをしますよね。その請求用紙に他の保険の有無を書くので、請求をした時点で、請求をされた保険会社が、その他の保険会社にも連絡をして、処理してくれる、という感じです。

以上は、病院で立て替え払いをした場合ですね。

キャッシュレス診療の場合は、場合によって変わり、複雑なので、↓こちらの記事で見てみてください。

> 保険限度額を超えるほどの高い治療費の時だけ複数枚持ってるとお得、
> ということになるんですか?

↑はい。そのとおりです。

二重請求はできませんが、1枚のカード付帯保険の保険金限度額を越えた場合は、2枚目のカード付帯保険でカバーすることができます。2枚使っても不足なら3枚で、3枚で不足なら4枚で…というように使えます。

その意味で、複数枚持っているのはお得です。

欧米など医療費の高い地域に行く場合、一般カードでは治療費の上限が200万くらいなので、盲腸手術などでも足りなくなる可能性はあります。

あとは、保険以外でも、海外旅行でカードを複数持っておくと良い理由は、こちらに書いているので、参考にしてみてください。

\ SNSでシェアしてもらえると嬉しいです! /

海外旅行保険節約研究所の注目記事を受け取ろう

保険付帯カード複数で病院の領収書1枚、どうする?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

海外旅行保険節約研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
[コツ]保険付帯カードは、まず「子供の保険が必要かどうか」で決めるべき
保険付帯カードを選ぶコツは、まずは「18歳未満の子供の保険が必要かどうか?」を決めること。

●子供の保険が必要 ⇒家族特約付きカード(種類少ない。年会費高い)
●子供の保険は不要 ⇒一般カード(種類多い。年会費安い)


となります。配偶者や同居家族がいても、18歳以上なら、家族カードを作ることで、同じ保険を持つことができるので、家族特約付きカードは不要です。

子供の保険が不要な人は、↓こちらの比較表をどうぞ。


海外旅行保険付帯クレジットカード比較表(子供がいない人向け)
海外旅行保険付帯クレジットカード比較表(子供がいない人向け)

(↑画像をクリックすると飛びます)

子供の保険も欲しい人は、↓こちらの家族特約付きカード比較表を。


家族特約付き海外旅行保険50枚比較表
家族特約付き海外旅行保険50枚比較表

(↑画像をクリックすると飛びます)

学生さんは、学生ならではのお得なカードがあります。こちら↓


海外旅行する学生のおすすめクレジットカード選び
海外旅行する学生のおすすめクレジットカード選び


最新情報をお届けするメールマガジン


新しく発見したカード利用方法や注意点などを、メールマガジンでお届けします。

のむてつのメルマガ 登録フォームへ

最新情報の届く、のむてつメルマガの登録はこちら

ライター紹介 ライター一覧

のむてつ

サイト「ちょろいもんだぜ中国生活」運営。上海生活歴7年(現在日本)。中国一年目のとき、保険代理店に勧められるままに無駄に豪華な海外旅行保険に加入、あとで約4万円節約できたことを知り、泣く。そのときの後悔から海外旅行保険節約と、クレジットカード活用にハマる。日本人よ、もっと海外に挑戦しよう!

質問があれば、お気軽にこちらからどうぞ ⇒ 質問する