1. TOP
  2. 楽天プレミアムカードの海外旅行保険←海外生活者の視点から

楽天プレミアムカードの海外旅行保険←海外生活者の視点から

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードは、楽天グループが発行する中の「ゴールドカード」の位置づけのカードです。

カード名 年会費(税抜) 特徴
楽天カード 無料 最も一般的なカード
楽天PINKカード 無料 女性専用。付帯保険は楽天カードと同じ
楽天カードアカデミー 無料 学生専用。付帯保険は楽天カードと同じ
楽天ゴールドカード 2,000円 名前だけゴールド。付帯保険は楽天カードと同じ
楽天プレミアムカード 10,000円 本当のゴールドカード。付帯保険はちょっと良い
楽天ブラックカード 最高カード。招待制

で、楽天プレミアムカードは、年会費1万円(税別)。

問題は、「この楽天プレミアムカードは、年会費1万円の価値があるのか?」ということですよね。ちなみに、私は以前、楽天プレミアムカードを持っていましたが、今は、やめました。下に理由も書いています。

このページでは、海外旅行/海外出張へ行く人向けに楽天プレミアムカードの価値を分析したいと思います。

※ちなみに、「楽天ブラックカード」という最上級のカードもありますが、こちらは、インビテーション(招待状)が無いと申込みできない招待制。カード利用額が多い人のみ、招待状が届きます。ですので、楽天グループのカードの中で、一般の人が普通に申込ができる、最高のカードは、楽天プレミアムカードになります。

ゴールドカードの比較ポイント5つ

ゴールドカード画像

ここで言う「ゴールドカード」とは、年会費1万円以上するが、そのぶんサービスも豊富な、本当に「ゴールドカード」と呼ぶ価値のあるものに限定します。(ですので、ここでは「楽天ゴールドカード」などの、なんちゃってゴールドは排除します)

そして、私、のむてつが考える、ゴールドカードの価値、つまり比較ポイントは下記の5つです。

【ゴールドカードの比較ポイント】

  1. 海外旅行保険の手厚さ(保険金の額、自動付帯or利用付帯、キャッシュレス診療の可否)
  2. 家族特約の手厚さ(子ども、配偶者の保険もカバーされているか)
  3. ロストバゲージ保険、航空機遅延保険の有無
  4. ショッピング保険(買物保険)、不正利用対策の有無
  5. その他、海外で役立つ特典があるかどうか

※自動付帯とは、海外へ行くと自動的に海外旅行保険が有効になるもの。利用付帯は、旅行費などをカード支払をしないと保険が有効にならないもの、です。
※キャッシュレス診療とは、病院での治療費を保険会社が直接病院に払ってくれるサービス。現金を持ちあわせていなくても、病院で診てもらえます。

以上の5つの基準で、楽天プレミアムカードを見てみると、結論から言うと、次のようになります。

結論 楽天プレミアムカードは人を選ぶ。=単身者用カード

【楽天プレミアムカードの価値判定】

  1. 保険の手厚さ△ 理由:キャッシュレス診療OKで自動付帯。でも海外旅行保険の保険金額は、年会費3000円カードレベル
  2. 家族特約有無× 理由:家族特約がない。つまり子ども・配偶者は保険の対象外
  3. 遅延保険など× 理由:ロストバゲージ保険、航空機遅延保険ともにナシ。
  4. 買物保険など◎ 理由:買物保険、不正利用対策は両方あり。
  5. その他の特典◯ 理由:プライオリティ・パスに価値あり。ただし家族カードにはプライオリティ・パスは付かないところがダメ

(1〜5の詳細は、後半で説明します。)
※プライオリティ・パスは、空港のVIPラウンジが利用できるサービス。全世界120か国400都市、700ヶ所で利用可能。楽天プレミアムカードに付いているものは、一番グレードの高いコースで、本来なら年399ドルかかるサービス。
参考:プライオリティ・パス公式サイト

先に結論ですが、結局、

楽天プレミアムカードって、こんなカードです。

ひとり旅向けカード。もしくは、プライオリティ・パス持ちの友人と一緒に海外旅行へ行く人向けカード(海外旅行保険の家族特約がない。プライオリティ・パスは家族カードに付かない)
●年3回以上、空港ラウンジを使うなら、それだけで年会費1万円の元は取れる
海外旅行保険の補償額(保険金の額)は多くはないので、欧米へ行く場合は他の保険付帯カードと併用が必要
●家族旅行や、子どもの短期留学など、家族がからむ海外旅行には役立たない

 

では、1〜5を1つずつ、くわしく見て行きましょう。

1.楽天プレミアムカードの海外旅行保険の手厚さ=イマイチ

楽天プレミアムカードの海外旅行保険をえらくホメている他のブログも多いのですが、私は残念ながらイマイチだと思っています。
たしかに、
●キャッシュレス診療OK
●自動付帯
というのは、良い点です。
でも、これはあくまで「楽天カードと比較して良い」というだけです。他の良いカードと比較すると、そんなにすごいことではありません。むしろ普通レベル。

参考:ゴールドカード海外旅行保険比較表
キャッシュレス診療と、自動付帯について、詳しく知りたい方は、↓こちらの参考記事を御覧ください。
参考:キャッシュレス診療が可能な海外旅行保険クレジットカードリスト
参考:クレジットカード海外保険の自動付帯と利用付帯

また、「最大補償額5000万円!」というのも、いつも書いていますが、比較ポイントにはなりません。
カード付帯の海外旅行保険を比較するときのポイントに、「付帯保険の最高額で比較するな」というのがあります。最高額は、死亡時の保険金額であり、実際に使う確率は低いからです。使う確立が低いものを比較ポイントにしても、意味がありません。
実際に比較検討すべきは、使う確率が高い、以下の2つです。
一位が、病気・ケガの治療費。
二位が、携行品損害の補償費。

ですので、この2つの補償額が高いかどうかで、お得なカードかどうかを判断すべきなのです。

カード付帯の海外旅行保険は、すでに上に出てきた3つを含め、5つの項目からなっています。

  1. 傷害死亡、後遺障害(事故で死亡したり、後遺症が残ったときの補償)
  2. 疾病傷害治療費(病気やケガでの治療費) ←大事
  3. 賠償責任(ホテルを水浸しにしたなど相手への損害)
  4. 携行品損害(持ち物の盗難・破損) ←大事
  5. 救援者費用(ヘリを呼んだり、日本から家族を呼ぶなど)

※カード付帯の海外旅行保険傷害保険の補償内容は、一般の有料の海外旅行傷害保険と、ほぼ一緒です。違いは、①「疾病死亡」がない、②携行品損害に自己負担額がある(大体3,000円)、という2点だけが違いです。あとは、補償額の大小の差だけです。

楽天プレミアムカード付帯海外保険の補償額

楽天プレミアムカードの海外旅行保険の補償額は、↓このようになっています。年会費無料の楽天カードと、年会費3,000円のセゾンブルーアメックスと比較して見てみましょう。

  楽天カード・楽天ピンクカード・楽天カードアカデミー・楽天ゴールドカード画像
楽天カード・楽天ピンクカード・楽天カードアカデミー・楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
セゾンブルーアメックスカード
セゾンブルーアメックスカード
年会費 無料 10,000円 3,000円
保険付帯条件 利用付帯 自動付帯 自動付帯





傷害死亡/後遺傷害 2000万円 4000万円
(5000万円)
3000万円
★重要★
傷害・疾病治療費
傷害200万円
疾病200万円
傷害300万円
疾病300万円
傷害300万円
疾病300万円
賠償責任 2000万円 2000万円 3000万円
携行品損害 20万円 30万円
(50万円)
30万円
救援者費用 200万円 200万円 200万円
キャッシュレス診療
備考 ( )は旅費をカード払いした場合
詳細 楽天カード詳細 セゾンブルーアメックス詳細

※↑2015年12月1日から、楽天プレミアムカードの付帯海外保険の補償額が改善されました!!

増額されたものの、正直言うと、年会費1万円レベルのカードとしては力不足です。上の表を見てわかるように、年会費3,000円のセゾンブルーアメックスと、そんなに変わらないからです。

また、あなたが、「楽天プレミアムカードをどうしても使いたい」ということでしたら、疾病傷害治療費300万というのは、ギリギリ最低レベルだ、ということを覚えておいてください。

もう少し安心できるようにするためには、他の海外保険付帯カードも準備して、補償額を上乗せして高くすることをオススメします。(死亡・後遺障害以外なら、複数のカードを持っていると、海外旅行保険の補償限度額は合算されるからです。詳しくは、こちら⇒カード保険の合算の解説

ちなみに、私が上海に住んでいたときは、疾病傷害治療費300万円の海外旅行保険に加入していました。この300万円という数字が、保険代理店がアジア生活者に勧める最低レベルです。円安になっている場合は、400万円くらいあったほうがいいかもしれません。

ヨーロッパなど、医療費が高い地域に行くときは、疾病傷害治療費が合計で400〜500万、医療費がバカ高いアメリカの場合は1000万を準備しておくべきです。

あと、さらに言えば、以上の保険の内容は、すべて、カード所有者だけの保険を考えた場合の話です。

ゴールド以上のカードでは、「家族特約」と言って、配偶者や子供、同居の親族までもカバーする保険が付いているものが多くあります。

それに関しては、↓次に説明します。

2.家族特約ナシ。子ども・配偶者は保険の対象外

年会費1万円レベルのゴールドカードの海外旅行保険は、多くのカードで、カード加入者の子どもや配偶者までも、保険の対象となります。これを「家族特約」と呼びます。

参考:ゴールドカード海外旅行保険は家族特約で比較

年会費が同じ1万円で、家族特約が付いているセゾンゴールドアメックスと比較してみましょう。

  saison-gold-amex-s
セゾンゴールドアメックス
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
年会費 1万円(税抜) 1万円(税抜)
国際ブランド アメックス VISA/JCB/マスター
保険付帯条件 自動付帯 自動付帯





  本会員 家族 本会員 家族
傷害死亡/後遺傷害 5000万円 1000万円 3000万円
(4000万円)
なし
★重要★
傷害・疾病治療費
傷害
300万
疾病
300万
傷害
300万
疾病
300万
傷害
300万
疾病
300万
傷害
なし
疾病
なし
賠償責任 3000万円 3000万円 3000万円 なし
携行品損害 30万円 30万円 30万円
(50万円)
なし
救援者費用 200万円 200万円 200万円 なし
キャッシュレス診療 なし
備考 セゾンゴールドアメックス詳細 ( )内は旅費をカード払いしたときの補償額

楽天プレミアムカードの一番の欠点が、この家族特約がついていないことです。

ただ、配偶者に限定すれば、家族カードを発行することで、配偶者も海外旅行保険の対象となれます。また、子どもが18歳以上なら、その子どもも家族カードが発行できるので、海外旅行保険の対象となれます。

ただし、問題は、18歳未満の子どもです。18歳未満の子どもに関しては、家族カードは発行できませんので、カード付帯の海外旅行保険を利用することはできません。その点、家族特約つきのカードなら、18歳未満の子どもカバーできます。

ですので、結論としては、「楽天プレミアムカードは子持ちには適さないカード」ということになります。これが、私が楽天プレミアムカードを退会した一番の理由です。

 

3.ロストバゲージ保険、航空便遅延保険ともにナシ。

自分は目的地の空港に到着したが、預けたスーツケースなどが届かない、という、ロストバゲージは、乗り継ぎ便を利用したときなどに怖い。

一方、天気や、前の便の遅れなどで、乗るはずの飛行機が遅れたり、欠航になったりすることがありますよね。値段の安いLCCは、節約のためにスケジュールに余裕がなく、何かあると、すぐに遅れます。

上記の2つのトラブルに関しても、付帯する保険でカバーできるカードがあります。特にゴールドカードに多いです。

そういうカードは、こちらの比較表にまとめています。
航空便/手荷物遅延の保険付きカード比較表(20枚以上)

残念ながら、楽天プレミアムカードには、ロストバゲージ保険、航空便遅延保険ともに付いていません。

4.楽天プレミアムカードの買物保険、不正利用対策は◎

買物保険

楽天プレミアムカードでは、買物保険やショッピング保険という名前ではなく、「動産総合保険」という名前なのですが、買物保険があります。
楽天プレミアムカードを利用した購入したもの(1万円以上のもの)は、90日以内なら、破損、盗難、火災などに遭っても、300万円まで補償されるので、安心です。
参考:楽天カード公式サイト

不正利用対策

また、海外へ行ったときに怖いのが、カードの盗難やスキミングからの、カードの不正利用。
これに対しては、楽天プレミアムカードは、「カード利用お知らせメール」と「カード盗難保険」で対応してくれています。

特に「カード盗難保険」では、紛失・盗難を届けた60日前にさかのぼって、それ以降の損害額を楽天カードが負担してくれるので、安心です。

このへんの部分に対しては、楽天プレミアムカードは良いカードですね。

5.その他の海外で役立つ特典=プライオリティ・パス

楽天プレミアムカードと言えば、「プライオリティ・パスが無料で付いているカード」として有名。

このカードに付いているのは、プライオリティ・パスの中でも、最高の「プレステージ会員」で、本来なら、年399ドルかかるものです。

このプライオリティ・パスだけで、楽天プレミアムカードの年会費1万円の価値があると言えます。このプライオリティ・パス目的で、楽天プレミアムカードを作る人も実際、多いです。

私の書いた記事ではないですが、↓こちらのブログ記事などを見ていると、「おお!ラウンジ、使ってみたい!」と思いますよ。
参考:「ラウンジ・オブ・ザ・イヤー2014」(byプライオリティ・パス)で、ラウンジの世界ランキングをチェック。 – やじり鳥

また、楽天プレミアムカードは、プライオリティ・パスの発行が早い点も長所です。申込み後2週間ほどで簡易書留で届きます。参考までにですが、アメックス・ゴールドの場合、届くまで3週間かかります。

プライオリティ・パスは、カードが手元にないとサービスが利用できないので、カードが届くまでの時間は、結構重要です。私は、旅行を目前にして申し込もうとして、カード受け取りが間に合わなかった、という経験を何度かしています。(苦笑)

以上のような、お得な楽天プレミアムカードのプライオリティ・パスなんですが、ただ、一点落とし穴があります。

その落とし穴とは、楽天プレミアムカードの家族カード会員にはプライオリティ・パスは付かない、という問題です。

家族で海外旅行した場合、楽天プレミアムカードを持っているお父さんだけがラウンジに行く、なんてことは、ありえないですよね。お父さんが「俺、ちょっとラウンジ行ってくるから、みんなはベンチで待ってて」と言ったら、まあ殺されますよね(笑)。

同伴者としてラウンジを利用しようとすると、一人につき27ドルかかります。27ドル払って利用しますかね?たぶん、しないですよね。

なので、この楽天プレミアムカードで、プライオリティ・パスのラウンジを満喫するには、一人旅をするか、同じくプライオリティ・パスを持つ友人と一緒に旅行するしかなくなります。
そういう意味でも、やはり、楽天プレミアムカードは、単身者を想定したカードであり、家庭持ちの人向けのカードではない、ということがわかると思います。

ちなみに、家族カード会員にもプライオリティ・パスが付いてくるカードには「MUFGプラチナアメリカンエキスプレスカード」があります。このカードは、年会費2万円で、家族カードは1枚無料、2枚目からは年3,000円。

MUFGプラチナアメックス

家族2人以上の海外旅行をするつもりで、プライオリティ・パスが2枚以上必要になるなら、一人あたりの年会費としては、楽天プレミアムカードよりも、MUFGプラチナアメリカンエキスプレスカードのほうがお得な計算になります。なので、利用目的次第ですね。

ちなみに、ちなみに、このMUFGプラチナアメリカンエキスプレスカードも、海外旅行保険の補償額はイマイチです(笑)。ただし、家族特約で、配偶者と子供にも同じ補償額で保険が付いています。

  MUFGプラチナアメックスカード
MUFGプラチナアメックス
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
年会費 2万円(税抜) 1万円(税抜)
国際ブランド アメックス VISA/JCB/マスター
保険付帯条件 自動付帯 自動付帯





  本会員 家族 本会員 家族
傷害死亡/後遺傷害 5000万円
(1億)
1000万円 3000万円
(4000万円)
なし
★重要★
傷害・疾病治療費
傷害
200万
疾病
200万
傷害
200万
疾病
200万
傷害
300万
疾病
300万
傷害
なし
疾病
なし
賠償責任 3000万円 3000万円 3000万円 なし
携行品損害 50万円 50万円 30万円
(50万円)
なし
救援者費用 200万円 200万円 200万円 なし
キャッシュレス診療 なし
備考 家族カードでもプライオリティ・パスを発行可能。( )内は旅費をカード払いしたときの補償額 ( )内は旅費をカード払いしたときの補償額

参考:MUFGプラチナアメリカンエキスプレスカード公式サイト

注意点:海外キャッシングが強制リボ払い←回避技アリ

楽天プレミアムカードの海外利用時の、その他の注意点としては、「海外キャッシングが強制的にリボ払いになる」という点があります。

海外キャッシングというのは、海外の現地のATMで、現地通貨を引き出すことこれは、最近注目されている方法で、日本円を銀行やホテル、両替屋などに持ち込んで両替するよりも、外貨両替レートが安く済む、というメリットがあります。

現金での両替は「現金レート」になりますが、ATMでの現地通貨引出しは「電信レート(TTB)」になるので、両替レートが安くなるのです。海外旅行では、あまり現金を持ち歩きたくないものですが、クレジットカードが使えない店のために、現金は必ず必要になりますもんね。

海外キャッシングについては、こちらのサイトでまとめています。詳しく知りたい方は、御覧ください。⇒国際キャッシュカード徹底比較(インターナショナルカード)

で、そんな便利な海外キャッシングなのですが、なぜか、楽天プレミアムカード、楽天カードでは、海外キャッシングは強制的にリボ払いになるのです。金利を余分に支払いたくない人には、それが、デメリットになります。

※リボ払いというのは、「毎月一定額を支払う」という支払方法。設定した一定額以上の利用があると、残りは次月の支払になるため、支払が遅くなるぶん、金利がかかります。
ただし、これは、設定変更によって解除することができます。

その方法は、↓このような手順です。

1.楽天e-NAVIにログイン

2.管理画面のトップページの真ん中あたりにある、「サービス一覧」の中の、右側のほうにある「お支払い方法」の中の、「リボお支払いコースの変更」をクリック
楽天eNAVIトップ画面

3.「リボお支払いコースの変更」画面で、ピンクの表の中、「キャッシング」の欄の、「変更後のお支払いコース」の額を、カードの利用限度額まで上げる
楽天eNAVI リボ支払いコースの変更画面

これで、リボ払い時の、月々の支払額が上がるので、実質的に一括払いと同じとなり、リボ払いを回避することができます。

楽天スーパーポイントも、楽天カードより貯まるわけではない

以上のように、楽天プレミアムカードの保険&海外利用について分析してきました。
では、ポイント還元率では、どうでしょうか?

わざわざ楽天プレミアムカードを持つ意味はあるのでしょうか?年会費無料の楽天カードと、楽天プレミアムカードを比較してみたのですが、結論としては、「プレミアムカードにすることで、そんなにポイントが貯まるわけではない」という感じです。

まず楽天プレミアムカードの【選べるサービス】としての3種類。

参考:楽天カード公式サイト

●楽天市場コース:
特別指定キャンペーンで1%プラス、毎週火・木曜は1%プラス

●トラベルコース:
楽天トラベルで1%プラス、空港⇔指定場所の手荷物宅配(片道)を年2回利用可

●エンタメコース
楽天ブックス、楽天レンタル、楽天SHOWTIMEで、1%プラス

この3つは、どれも結局、楽天を利用してこそ、メリットがあるものばかり。楽天を愛用している人には良いんでしょうが、私のように、楽天以外でのカード利用が多い者には、あまりメリットがありません。

また、追加で1%もらえるポイントも、「期間限定ポイント」が多いので、焦って使わないといけないポイントなので、あまり嬉しくないですね。

上記の3つのコース、あえて選ぶとすれば、手荷物宅配のあるトラベルコースでしょうか。ちなみに、手荷物宅配は、大きめのスーツケースを送るとすると、1回2,000円くらいかかります。楽天プレミアムカードでは2回まで無料になるので、4,000円分くらいの価値があります。

ただ、まあ、LCC利用も多い最近では、LCCでは荷物が多いと、そのぶんお金を取られたりするので、荷物は少なくなりがちです。なので、手荷物宅配が欲しいという人は、結構限られるような気がしています。

私も、中国に住んでいたときは、手荷物宅配の無料サービスは重宝しましたが、日本に戻ってきてからは、ほとんど使わなくなりました。なので、価値があるかどうかは、かなり微妙なところです。

あと、上記以外に、楽天カードにはなく、楽天プレミアムカード特典として、「お誕生日月はポイント2倍」という特典もありますが、これもやはり、楽天愛用者じゃないと、そんなに嬉しくないですね。

まとめ

以上、楽天プレミアムカードの海外利用について、海外旅行保険を中心に、分析をしてみました。

結論としては、楽天プレミアムカードは、
一人旅向けのカード。プライオリティ・パスの利用機会が多いなら、年会費1万円の価値あり。
子どもや配偶者を持つ人には不十分なカード。家族カードにプライオリティ・パスは付かないし、付帯する海外旅行保険は子どもや配偶者をカバーしない。
海外旅行保険の補償額も、ゴールドカードにしてはイマイチ。年会費無料カードレベル。欧米に行くときは、他の保険付帯カードと併用すべき。
●楽天愛用者ならポイントが貯まってよいかも。マイルなど、別のポイントを貯める人には厳しいカード。

ということになります。

 

私自身も、この楽天プレミアムカード、昔は持っていたことがあるんですが、今は、普通の楽天カードに変更してしまいました。

うちは、嫁さんも子どももいるので、今の感じだと、楽天プレミアムカードに再び戻すことはなさそうです。やっぱり、家族特約付きのカードになっちゃいますね。

参考:ゴールドカード海外旅行保険は家族特約で比較

ライター紹介 ライター一覧

のむてつ

サイト「ちょろいもんだぜ中国生活」運営。上海生活歴7年(現在日本)。中国一年目のとき、保険代理店に勧められるままに無駄に豪華な海外旅行保険に加入、あとで約4万円節約できたことを知り、泣く。そのときの後悔から海外旅行保険節約と、クレジットカード活用にハマる。日本人よ、もっと海外に挑戦しよう!

質問があれば、お気軽にこちらからどうぞ ⇒ 質問する