楽天カードの海外旅行保険

いろいろ考えている時間なんて無い!という方は、こちらへ↓

クレジットカードを使って無料で海外旅行保険 …90日以下の海外短期滞在なら

長期の海外旅行保険比較、こうして安くする …90日以上なら

ゴールドカード海外保険は家族特約で比較 …夫婦&子供連れの海外旅行なら

楽天カードの海外旅行保険は良い。けど、利用付帯です。

楽天カード画像

傷害治療 200万
疾病治療 200万
賠償責任 2000万
携行品  20万
救援者  200万

 

楽天カードに付帯する海外旅行保険は、他のクレジットカード海外旅行保険と比べても、年会費無料カードとしてはトップクラスの補償内容なのですが、「利用付帯」であるには注意が必要です。 

 

※参考:カード海外保険補償内容比較表

 

注意点:海外旅行保険が利用付帯である

2007年7月から、楽天カードが改悪され、
海外旅行保険が『利用付帯』となりました。

 

つまり、楽天カードに付いている海外旅行保険が有効となるのは、
「海外への出国前に、ツアーの旅行費か、または旅行に出発するときの公共交通機関を 
楽天カードで支払ったときに限る
」ということです。

 

(楽天プレミアムカードは、自動付帯なので旅費支払いなどは関係ありません)

 

 

同行する友人や家族の保険はどうなるのか?

 

旅費や交通費を支払わないと有効にならないという条件がある、
楽天カードの海外旅行保険。

 

そうなるとこ、心配になるのが、一緒に旅行に行く、家族や友達です。
一緒に旅行に行く場合、支払いは誰か一人がするはず。

 

そんなときは、支払人じゃない人の保険はどうなるのでしょうか?

 

調べてみました。
答えは、「楽天カード会員なら、同行者は海外旅行保険は有効になる」とのこと。

 

友人が自分の楽天カードを持っていたり、
家族が家族カードを持っていて、楽天カード会員になっていれば、
同行している人も海外旅行保険は有効になる、とのことです。
これは有難いですね。

 

ちなみに、18歳未満の子供は、
楽天カードの海外旅行保険ではカバーできません。
楽天カードには家族特約が無いからです。

 

家族特約つきカードというのは基本的にはゴールドカードです。
家族特約つきカードに関しては、こちらのページでまとめています。
ゴールドカードは家族特約で比較

 

 

楽天カードでは、キャッシュレス診療はダメです

 

海外旅行保険を実際に使うとなると、心配となるのが、
現地の病院での支払いです。

 

残念ですが、楽天カードの海外旅行保険は、
キャッシュレス診療に対応していないので、
現地の病院の支払いでは、一度、立て替えておく必要があります。

 

そして、帰国後の保険金請求手続きのために、

 

1●病院や交通費などの領収書を全てもらっておく
2●帰国後、楽天カードデスクに電話し、保険金請求の旨を伝える
  すると、保険金請求の申請書類が送られてくる
3●領収書とともに申請書類を提出。その後、保険金振込み

 

という準備&手続きが必要です。

 

キャッシュレスサービス可能なクレジットカードがいくつか出てきている現在、
ちょっと楽天カードのこの面倒な手続きは、マイナスポイントですね。

 

参考:キャッシュレス可能なカード一覧表

 

ちなみに、キャッシュレス診療に関して補足ですが、
楽天カードは保険が利用付帯のため、キャッシュレスダメなんですが、

 

楽天プレミアムカードはキャッシュレスOKです(しかも保険は自動付帯)
 (↑年会費10500円)
●楽天カードから分かれたKCカードもキャッシュレスOKです(しかも保険は自動付帯)
●ついでに、楽天ブラックカードもキャッシュレスOKです(しかも保険は自動付帯)
 (プレミアムカードの上位カード。招待制)

 

とのことです。ちょっと紛らわしいので、注意してください。
(私も以前、間違えましたし。。。。)

 

 

●楽天カードの保険以外の海外利用のコツはこちら。
楽天カード海外利用のコツと注意点(保険以外)

 

●楽天カードについての公式サイトの詳細説明は、こちらです。
楽天カード公式サイト

 

●他のカードの海外保険補償内容と比較してみる
カード海外保険補償内容比較表


このエントリーをはてなブックマークに追加


サイトの内容で質問がありましたら、こちらからどうぞ

質問マーク

→質問受付・お問合せフォーム

行き先の医療費水準をチェックする ←これも重要です。

地域別医療費(50音順)
アメリカ(ロサンゼルスなど)イギリス(ロンドン)イタリア(ローマ・ミラノ)インドインドネシア(ジャカルタ・バリ)エジプト(カイロ)オーストラリア(シドニーなど)オーストリア(ウィーン)オランダ(アムステルダム)カナダ韓国(ソウル・プサン)カンボジア(プノンペン・アンコールワット)ギリシャ(アテネ)グアムサイパンシンガポールスイス(ジュネーブなど)スペイン(マドリードなど)タイ(バンコク)台湾(台北)中国(香港・北京・上海・西安)ドイツ(ミュンヘンなど)トルコ(イスタンブール)ニュージーランド(オークランドなど)ニューヨークノルウェー(オスロ)ハワイ(ホノルル)フィジーフィリピン(マニラ)ブラジル(サンパウロ)フランス(パリ)ベトナム(ホーチミン)ポルトガル(リスボン)香港マレーシア(クアラルンプール)メキシコ(メキシコシティ)ロシア(モスクワ)

結局、いくつかの海外旅行&海外滞在7年の結論としては、

90日以下の短期滞在なら
クレジットカードを使って無料で海外旅行保険(参考⇒カード付帯保険の保険金比較表)

90日以上なら
長期の海外旅行保険をフリープラン(バラ掛け)で安くする長期海外旅行保険比較表

子供連れで海外旅行をする予定なら
ゴールドカードの海外旅行保険は家族特約で比較する

ことをおススメします。


 
保険付カード80枚比較 家族もOK保険カード 選び方のコツ 旅行には2枚以上を 現金より安心な理由