海外在住者でもクレジットカード発行OKの条件は、①日本の住所、②日本の身分証(運転免許証など)、③日本の銀行口座、の3つ。これらがあれば、発行してくれるクレジットカード会社が、ほとんどでした。

【結論】日本に住民票が無くても、カード発行してくれる会社がほとんど。

カード会社への電話調査でわかったのは「カード会社は、日本に住民票を持たない海外在住者を拒否しようとしているわけではない」ということ。

↓下記の3つの条件さえ満たし、収入面などの審査が通れば、発行してくれるカード会社がほとんどでした。「日本居住者しかダメ」としているカード会社も、日本の住所と身分証があれば、受け付けてくれるようです。

カード発行に必要な3つの条件


①日本で郵便が届く住所
②日本の住所を証明する身分証(免許証など)
③日本の銀行口座

それぞれ詳しく見てみましょう。

①日本で郵便が届く住所

日本のクレジットカード会社は、基本的に、郵便物を日本国内にしか発送してくれません。ですので、日本に住所は必要。あと、書留などで届く書類もあるので、受け取ってくれる家族なども必要です。

②日本の住所を証明する身分証(免許証など)

カード発行には、上記①の住所を証明する身分証のコピーを提出する必要があります。基本的には運転免許証か、保険証か、住民票の写し、のどれか。住民票を抜いてしまっている人の場合は、運転免許証を使うしかないと思います。

③日本の銀行口座

日本のカード会社は、すべて、カード利用代金の引き落とし口座は「日本の銀行口座のみ」としている模様。なので、日本の銀行口座は必ず必要です。

【コツ】海外でも電話を取れる日本の電話番号を準備する

カード会社の方針や審査内容によっては、カード審査時に「本人の意思確認」もしくは「会社の在籍確認」として電話が来ることがあります。その場合、自分が海外にいても繋がる日本の電話番号が必要です。IP電話(スカイプの電話番号や050plus、SMARTalkアプリなど)や、転送電話などで、日本の電話番号を準備しておきましょう。カード会社からの電話は、電話が来たその時に取れなくても、かけ直せば大丈夫です。

【コツ】カード受取り

一番の問題が、カードの受取りです。自分が海外にいる場合、「本人限定郵便」で届くと他の人(家族など)が受取りできず、カードはカード会社に戻ってしまいます。多くの場合、ネット申込をすると本人限定郵便で届くようです(本人限定郵便=住所確認、という意味があるとのこと)。その不便な本人限定郵便を避ける方法があります。その方法とは、ネット申込ではなく、事前にカード会社に電話し、カード申込書を送ってもらい、紙で申込をすること。そうすると、申込書と一緒に身分証のコピーを提出するため、住所確認が不要となり、家族などが代わりに受け取れる簡易書留で届くようです(カード会社ごとの対応は、下の表で、詳しく書いています)。

【コツ】ネットで引落銀行口座登録ができれば非常にラク

JCBカードや楽天カードなどは、ネット上で引き落とし銀行口座を登録できます。この場合は、銀行口座登録が住所確認の代わりとなるため、簡易書留で届くようになります。この方法だと、紙の申込書のやり取りも不要で、家族が受け取ることもでき、海外にいる場合は、一番ラクです。しかし、この方法にも欠点があります。対応している銀行が限られていること。カード会社のページを見て、対応銀行の一覧を確認し、対応銀行の口座を持っているときは非常にオススメな方法です。

【疑問】日本の会社に属してないとカード発行できない?

⇒日本の会社に属してなくてもカード発行できるそうです。自営業や年金でも、審査が通れば大丈夫とのこと。

【注意】カード付帯海外旅行保険は一旦帰国してから有効になる

⇒カードに付帯する海外旅行保険は、「日本を出国したときにカード会員であること」が条件です。なので、海外にいるときにカード発行した場合、日本に一旦帰国しないと、付帯する海外旅行保険は有効にならないので、注意が必要です。


赤字灰色背景部分が要注意点。※最新更新2017年11月。
カード名 日本に住民票ナシでカード発行OKか? カード発行に
必要なもの
入会審査時の電話確認 申込方法 カード発送方法 本人が海外にいても
カードを受け取る方法
その他
エポスカード OK ●日本で郵便が届く住所
●日本の住所が確認できる身分証
●日本の銀行口座
電話なしの場合も ネット申込 本人限定郵便 本人限定郵便を期限までに受け取らないと、カードがエポスに戻る。戻ってからエポスカードに電話し、本人確認資料提出用封筒を送ってもらう。それを郵送で提出すると、書留でカードを再送してもらえ、家族が受け取ることが可能になる。 左のやり取りはカード受取まで1ヶ月以上かかるのが難点。
申込用紙を郵送で申込
マルイのカードセンターで申込 即日手渡し マルイのカードセンターでの入会なら、その場で免許証などを提示し、その場で審査、カード受取り可能。
セディナカード OK ●日本で郵便が届く住所
●日本の住所が確認できる身分証
●日本の銀行口座
あり ネット申込 本人限定郵便 × ネット申込は書留での受取不可。
申込用紙を電話で取り寄せて申込 書留 紙申込の場合は、カードは書留で届くので、家族でも受け取りができる。  
オリコカード OK ●日本で郵便が届く住所
●日本の住所が確認できる身分証
●日本の銀行口座
電話なしの場合も ネット申込 本人限定郵便 × ネット申込は書留での受取不可。
申込用紙を電話で取り寄せて申込 書留 紙申込の場合は、カードは書留で届くので、家族でも受け取りができる。ただし、紙申込できるカードは下記カードに限定。オリコカード、オリヒメカード、iゴールドカード、ザ・ゴールドカード 残念ながら年会費を簡単に無料にできるオリコiBやオリコVISA paywave、paypassは紙申込不可。
セゾンカード 基本的にはダメ。 ●日本で郵便が届く住所
●日本の電話番号

以上を持ち、申込後のセゾンからの意思確認電話に出られるのなら、入会は断らない、とのこと。
あり ネット申込 本人限定郵便 本人限定郵便を期限までに受け取らないと、カードがセゾンに戻っていく。戻ってからセゾンカードに電話し、本人確認資料提出用封筒を送ってもらう。それを郵送で提出すると、書留でカードを再送してもらえ、家族が受け取ることが可能になる。(このやり取りには1ヶ月以上必要) 「以前にセゾンカードを発行済だと、ネット申込でも、最初から書留で届く」こともあるが、これは必ずとは言えない、とのこと。あくまで担当者判断、との話。
申込用紙を電話で取り寄せて申込 書留 紙申込の場合は、カードは書留で届くので、家族でも受け取りができる。 申込書の取り寄せ電話は、一般カードとゴールドカードで別番号となっているので、注意。
SBIカード ダメ。「生活拠点が日本の人」が原則。 ただし、日本に住所があれば申込はできる、とのこと。 電話なしの場合も ネット申込 本人限定郵便 本人限定郵便を期限までに受け取らないと、カードがSBIに戻っていく。戻ってからSBIカードに電話し、本人確認資料提出用封筒を送ってもらう。それを郵送で提出すると、書留でカードを再送してもらえ、家族が受け取ることが可能になる。 左のやり取りはカード受取まで1ヶ月以上かかるのが難点。
三井住友カード OK ●日本で郵便が届く住所
●日本の住所が確認できる身分証
●日本の銀行口座
●日本の電話番号
あり ネット申込 書留 クラシックカード、クラシックカードA、ゴールドカードなどは、最初から簡易書留で発送されるため、家族でも受け取りができる。一部、本人限定郵便で送るカードもあるので注意。(スターツ夢なびVISAカードなど)
JCBカード OK ●日本で郵便が届く住所
●日本の住所が確認できる身分証
●日本の銀行口座
●日本の電話番号
あり ネット申込後、郵送で本人確認書類提出 書留 通常の方法がこれ。カード申込み完了後、本人確認書類提出用の封筒セットが送られてくるので、それを提出。書類受理後、カード発行。書留で送られてくるため家族でも受取可能。
ネット申込時、オンラインで引落口座設定 書留 金融機関登録=本人確認となるため、本人確認書類の提出が不要になる。カードは書留て送られてくるので、家族でも受け取り可能。ただし、オンラインの引落口座設定は、可能な銀行が限定される。右欄参照。 可能な銀行は、UFJ、三井住友、楽天銀行、みずほ、りそな、埼玉りそな、住信SBI、ジャパンネット、セブン銀、福岡銀、広島銀、千葉銀、静岡銀。(2016年3月時点)
ネット申込で「至急発行」 本人限定郵便 × 「至急発行」にすると本人しか受け取れない。
楽天カード OK ●日本で郵便が届く住所
●日本の住所が確認できる身分証
●日本の銀行口座
電話なしの場合も ネット申込 本人限定郵便 本人限定郵便を期限までに受け取らないと、カードが戻っていく。戻ってから楽天カードに電話し、本人確認資料提出用封筒を送ってもらう。それを提出すると、書留でカードを再送してもらえるので、家族に受け取ってもらう。 左のやり取りはカード受取まで1ヶ月以上かかるのが難点。
ネット申込時、オンラインで引落口座設定 書留 金融機関登録=本人確認となるため、本人確認書類の提出が不要になる。カードは書留て送られてくるので、家族でも受け取り可能。ただし、オンラインの引落口座設定は、可能な銀行が限定される。 オンラインの引落口座設定は、可能な銀行はJCBより多い。
MUFGカード(リクルートカードを含む。ニコス、DCは含まず) OK ●日本で郵便が届く住所
●日本の住所が確認できる身分証
●日本の銀行口座
電話なしの場合も ネット申込 書留 2016年3月から変更。申込時にオンラインで引落口座を設定しない場合は、まず本人確認書類提出用の封筒が届き、書類を提出してから、書留でカードが届く、という順番になった。 左のやり取りはカード受取まで3週間以上かかるのが難点。
ネット申込時、オンラインで引落口座設定 書留 金融機関登録=本人確認となるため、本人確認書類の提出が不要になる。カードは書留て送られてくるので、家族でも受け取り可能。ただし、オンラインの引落口座設定は、可能な銀行が限定される。  
Sumi TRUST CLUBカード
(旧シティカード)
OK ●日本で郵便が届く住所
●日本の住所が確認できる身分証
●日本の銀行口座
●日本の電話番号
電話なしの場合も ネット申込 書留 最初から簡易書留で発送されるため、家族でも受け取りができる。
海外保険付きカード表(一般)2学生用カード表3ゴールドカード表  ←クリックすれば飛びます
シェアしていただけると励みになります!